生成

コエンザイムQ10って?

食べ物にも含まれているコエンザイムQ10は、ユビキノンとも呼ばれる成分です。
体内で作られている成分でも、年齢と共に作られにくくなっていくので、食品などから摂取していく必要がありますが、コエンザイムQ10を必要量摂取するには食品では限りがあるため、最近はサプリメントなどの健康食品類から摂取する事が出来るようになりました。

1957年に心臓細胞の中に存在するミトコンドリアの中にオレンジ色の物質がある事が判明しました。
これはクレーン博士という方が発見したもので、研究によってそのオレンジ色の物質があらゆる細胞に存在していること、また人が生命活動を行う上で欠かせないものだという事がわかりました。
これが、コエンザイムQ10です。

私たちは生きるために呼吸を行い、心臓を動かすなどエネルギーが必要となりますが、その大元となるのがコエンザイムQ10です。
細胞内のミトコンドリアからエネルギーが作られる際に助ける役割のある補酵素の仲間で、エネルギー産生に関係が深いほか、活性酸素を除去する抗酸化物質としても、ビタミンEと並び強い力を持っていることがわかっています。
様々な効果が期待出来る素晴らしいコエンザイムQ10ですが、大きく大別すると、「食事から摂取した栄養素をエネルギーに変える」という働きと「強い抗酸化作用で臓器、肌などの老化を防止する」という働きがあります。