コエンザイムQ10が化粧品として重宝される理由

コエンザイムQ10の主な2つの働き

コエンザイムQ10には大きく2つの働きがあります。
それが以下の2つです。

エネルギー生産効率をUP

私たちが活動するために必要なエネルギーをつくるのは細胞内に存在するミトコンドリアです。
ミトコンドリアは食事から摂り入れた脂質や糖質などをエネルギー源としてATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーをつくります。
エネルギー=ATPですから、人が健やかに過ごすためにはATPをたくさん生産する必要があります。
そのために欠かせない存在がコエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10はATPの生産効率を高めることで、ATPの生産量を増やします。
ATPの生産量が増えると、体の中にはエネルギーがたくさんある状態ですので、代謝が上がったり、血行が良くなったり、内臓機能がUPしたり、体力UPや疲労回復などが促されます。

活性酸素を除去

老化現象が起きる原因は様々ですが、その一つに「活性酸素」があります。
本来、活性酸素は体内に侵入してきた細菌やウイルスを攻撃してくれるありがたい存在なのですが、増えすぎると健康な細胞を酸化させてしまいます。
細胞が酸化すると、肌、髪の毛、内臓、血管など、様々な場所でトラブルを引き起こします。
活性酸素によるトラブルを防ぐためには増え過ぎた活性酸素を除去することが大切です。
そこで活躍するのがコエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10には強い抗酸化作用がありますので、増えすぎた活性酸素を除去します。さらに、コエンザイムQ10は、同じ抗酸化作用を持つビタミンEやビタミンCの働きをサポートしますので、より強力な抗酸化作用で活性酸素を除去します。

健康維持のためには重要な働きを担っているコエンザイムQ10ですが、実は化粧品の成分としても重宝されています。
ではなぜコエンザイムQ10が化粧品として重宝されているのでしょうか?

コエンザイムQ10が化粧品として重宝される4つの理由

コエンザイムQ10が化粧品として重宝されている理由は4つあります。
ここからは、コエンザイムQ10が化粧品として重宝されている4つの理由をご紹介します。

美肌を促す

コエンザイムQ10はミトコンドリアの働きをサポートすることでATPの生産効率を高めます。
体のエネルギーであるATPの生産効率が上がり、生産量が増えると、細胞が活性化します。
細胞が活性化すると新陳代謝も促されますので、肌のターンオーバーも正常化しやすくなります。
正常なターンオーバーによって古い肌細胞と新しい肌細胞が入れ替わりますので、美しい肌を導きます。
さらに、コエンザイムQ10が持つ抗酸化作用によってビタミンCの消費も予防します。
体内で活性酸素が増えると、体は活性酸素から細胞を守るために抗酸化作用を持つビタミンCを消費します。ビタミンCは肌のハリ、ツヤ、弾力性を保つコラーゲンの材料となる成分ですので、体からビタミンCが減るとコラーゲンの生成量も減り、肌のハリ、ツヤ、弾力が失われます。
コエンザイムQ10の抗酸化作用で活性酸素を除去することで、ビタミンCの消費を抑え、コラーゲンの生成を促します。
コエンザイムQ10はこのような作用によって美肌を促します。

美白を促す

上記でも述べたように、コエンザイムQ10は細胞を活性化することで肌のターンオーバーを正常化へと導きます。
ターンオーバーが正常に行われることで、細胞に存在するメラニン色素が肌表面まで押し出され排出されやすくなりますので、シミやそばかすを防ぎます。
また、体内で活性酸素が増え過ぎると細胞は体を守るメラニン色素を生成しますが、コエンザイムQ10には強い抗酸化作用がありますので、活性酸素の増加を抑えることでメラニン色素の生成を抑えます。
コエンザイムQ10はこのような作用によって、シミやそばかすを防ぐことで美白を促します。

肌トラブルを予防・改善

ターンオーバーの周期が乱れると肌のバリア機能が低下します。
肌のバリア機能が低下すると、肌は刺激に弱くなりますので、細菌やウイルスへの抵抗力が弱まるだけでなく、髪の毛や服の刺激などにも敏感になります。
その結果、ニキビや肌荒れ、炎症、乾燥肌、敏感肌などの肌トラブル招きやすくします。
コエンザイムQ10はATPの生産効率を上げることで、細胞を活性化し、ターンオーバーを正常化する働きがあります。
さらに、細胞が活性化され代謝が良くなると、血液循環も良くなります。
全身の血行が良くなると酸素や栄養が体のすみずみにまで行き渡りますので、肌細胞の再生や修復が促され、肌のバリア機能を高めます
コエンザイムQ10はこのような作用によって肌トラブルを予防・改善へと促します。

肌老化を予防・改善

肌のターンオーバーが乱れると、皮脂の分泌が活発になって肌が脂っぽくなったり、肌表面はべたついているのに肌の内側は乾燥しているインナードライを招く恐れがあります。
肌が脂っぽくなると毛穴の開きが目立ったり、肌がインナードライになるとシワやたるみ、ほうれい線などが目立つようになります。
コエンザイムQ10は体内のエネルギー生産効率を上げることで代謝を高めますので、
代謝が上がることでターンオーバーも正常化しやすくなります。
ターンオーバーが正常化すると、肌の皮脂量と水分量が整いやすくなりますので、老け見え肌を予防します。

また、肌老化を引き起こす大きな要因の一つに活性酸素があります。
活性酸素は細胞やDNAを損傷して新陳代謝を乱すだけでなく、肌のハリ、ツヤ、弾力、潤いなどを維持している、コラーゲンやエラスチンなどの成分を酸化させます。
コラーゲンやエラスチンが酸化し、破壊されると、肌からはうるおいが失われますので、シワ、くすみ、たるみ、ほうれい線などを引き起こします。
さらに活性酸素は、肌のうるおいを保っている皮脂をも酸化させます。
皮脂が酸化すると「過酸化脂質」という物質に変化して、肌の潤いや弾力性を保っているヒアルロン酸を破壊します。
さらに、過酸化脂質が増えると毛穴が広がったり、毛穴が黒ずんだりします。
コエンザイムQ10には活性酸素を除去する抗酸化作用があるだけでなく、同じ抗酸化作用を持つビタミンEやビタミンCの働きをサポートする作用もありますので、増えすぎた活性酸素による肌老化を抑制します。
コエンザイムQ10はこのような作用によって肌老化を予防・改善へと促します。

コエンザイムQ10が持つ上記4つの働きがコエンザイムQ10が化粧品として重宝される理由なのです。
コエンザイムQ10の生成量は年齢とともに減少していきますの、外側と内側からコエンザイムQ10を補充する必要があります。
肌に何らかの悩みのある方はもちろん、今よりもっと美しい肌を目指したい方は、コエンザイムQ10が含まれた化粧品がおすすめですよ。

あなたにオススメのコラムRecommend