マカ配合のコエンザイムQ10

「マカ」とは?

マカはペルー原産のカブや大根と同じアブラナ科の植物です。
主に根の部分を乾燥させて漢方やサプリメントに使用されています。
一般的にマカと聞くと栄養ドリンクや精力剤に使われているイメージがありますよね?
マカが栄養ドリンクや精力剤に使用されている理由は、マカに含まれる良質なタンパク質、アミノ酸、そしてミネラルやビタミン、アントシアニン、サポニンなど豊富な栄養価にあります。
マカは男性に良い働きをもたらすと思われがちですが実は女性にも良い働きをもたらします。
マカに含まれるミネラルやアミノ酸が女性ホルモン分泌を促す下垂体に働きかけることで、女性ホルモンのバランスを整えるように促すのです。
では具体的にマカにどのような働きがあるのでしょうか?

マカの働き

男性機能の向上

マカに含まれるアルギニンは、一酸化窒素の生成を助けることで血流を改善し、精子の量を増やしたり、運動率を高めたりすることで、勃起機能の改善に効果的だといわれています。
マカが精力剤に使用されている理由は、男性不妊やEDなどの改善にアルギニンやアミノ酸が欠かせないからです。

疲労回復

疲労にはいくつかの種類がありますが、脳疲労の原因は代謝活動によって生まれたアンモニアが蓄積することにあります。
脳内にアンモニアが蓄積すると体が疲れやすくなったり、やる気や集中力が低下したりします。
マカに含まれるアルギニンは尿素回路の働きを活発にすることで、アンモニアをすぐさま尿素に変換し、体外へと排出するサポートをします。
アルギニンのこの働きにより、疲労回復が早く行われるのです。

免疫力の向上・ガン予防

マカに含まれるアルギニンは、体内に侵入してくる細菌やウイルスに対する抵抗力を高める働きをもっています。
また、アルギニンは病原菌と戦うT細胞を増やす働きもあります。
ほかにも、アルギニンはガン細胞が増殖する酵素の働きを抑える一酸化窒素をつくるサポートもしますので、がん予防にも効果的だと期待されています。

不妊症の予防・改善

マカは男性機能を向上することで男性不妊の改善にも効果的だとされていますが、女性の不妊にも効果的だと期待されています。
女性不妊の要因の一つに月経不順があります。
月経周期が乱れていると排卵周期も乱れがちになりますので、妊娠しづらくなるのです。
月経不順の原因はホルモンバランスの乱れにあります。
マカに含まれるミネラルやアミノ酸は女性ホルモンのバランスを整えるように促す働きがありますので、女性ホルモンのバランスが整うことで月経不順も解消されやすくなります。
月経不順が解消され、月経周期が正常に戻ると妊娠しやすい体になります。

更年期障害の緩和

更年期障害の主な原因は女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量の急激な減少にあります。
閉経前後にエストロゲンの分泌量が急激に減少することでホルモンバランスが乱れ、様々な不調を引き起こします。
症状の中には、ほてり、のぼせ、手足の冷え、めまい、立ちくらみ、動悸、耳鳴り、イライラ、不安感、倦怠感などがあります。
更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れにありますので、マカでホルモンバランスを整えるように促すことで、更年期障害の症状を緩和へと導きます。
また、更年期障害を悪化させる要因は自律神経の乱れにもあります。
というのも、女性ホルモンと自律神経を司っているのは同じ脳の視床下部という場所ですので、女性ホルモンの分泌に不具合が生じると自律神経も乱れやすくなるのです。
その結果、更年期障害が悪化しやすくなるのです。
マカには精神を安定させる神経伝達物質をつくるアミノ酸が含まれていますので、乱れた心を落ち着かせて、自律神経を整えるサポートをします。

ダイエット促進

マカに含まれるアルギニンは成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。
成長ホルモンはその名の通り、体の性成長、再生、修復に欠かせないホルモンです。
また、成長ホルモンは筋肉をつくる働きがありますので、筋肉量がUPすることで基礎代謝も高くなり脂肪燃焼効果が上がります。
さらに、成長ホルモンには食欲を抑制する作用や脂肪燃焼を促す作用などもありますので、ダイエットを成功へと導きます。

美肌作用

上記でも述べたようにマカに含まれるアルギニンには成長ホルモンの分泌を促す働きがありあります。
成長ホルモンは新陳代謝を活性化するためにも欠かせないホルモンです。
新陳代謝が正常に行われることで、肌の生まれ変わりがスムーズになりますの、美肌づくりには非常に重要です。
また、肌の表面の角質層には保湿成分である「天然保湿因子」があるのですが、この天然保湿因子が不十分だと肌が乾燥してシワやたるみが出来やすくなります。
天然保湿因子の構成成分の半分以上がアミノ酸でできていますので、マカを摂ることで天然保湿因子を積極的に作り、肌の乾燥を防ぎます。

アンチエイジング

マカに含まれるサポニンには活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
活性酸素は血中の脂肪やコレステロールを酸化させ、悪玉コレステロールとなって血管に蓄積し、動脈硬化を促します。
サポニンの抗酸化作用によって活性酸素の増加を抑制することは動脈硬化の予防になりますので、高血圧や高血糖、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の予防に繋がります。
また、酸化によって衰えるのは身体だけでなく肌も同じです。
活性酸素は肌に潤いやツヤを与えているうるおい成分「コラーゲン」や「エラスチン」も酸化させて、肌からうるおいを奪います。
肌からうるおいがなくなるとシワやたるみ、ほうれい線などが悪化し、肌老化のスピードが加速します。
さらに、体内で活性酸素が増えると肌はメラニン色素を過剰に分泌させますので、シミやそばかすも増えやすくなります。
活性酸素を除去することはシワやたるみ、ほうれい線、シミやそばかすを予防することにも繋がるのです。
マカに含まれるサポニンには血流改善効果もありますので、血行が良くなり栄養や酸素が肌細胞に行き渡ることで新陳代謝も促します。

このように、マカには男性にも女性にも嬉しい働きをもたらす栄養成分が豊富に含まれているのです。

マカ配合のコエンザイムQ10

コエンザイムQ10には組み合わせることで相互作用を発揮する相性の良い成分があります。
その一つがマカです。
ではなぜマカとコエンザイムQ10は相性が良いのでしょうか?

妊活サポート

コエンザイムQ10には男性、女性両方の妊活をサポートする3つの働きがあります。
一つ目は、コエンザイムQ10はエネルギー生産効率を高めることで細胞を活性化し、代謝を高める働きです。
代謝が高まると脂肪燃焼効果も上がりますので脂肪が燃えやすい体になります。
肥満は男女ともにホルモンバランスを崩す要因となるだけでなく、女性にとって排卵障害のリスクを高める要因にもなります。
代謝を促進して脂肪燃焼効果を高めることで肥満を予防し、妊娠率を高めます。

二つ目は、血液循環を促す働きです。
全身の血液循環が良くなると男性は陰茎海綿体の動脈がスムーズに拡張し、十分な血液が流れ込むことで正常な勃起に繋がりますし、女性の場合は子宮の血液循環も良くなりますので、精子が着床しやすい子宮内膜をつくります。

三つ目は、自律神経を整える働きです。
代謝が良くなり全身の血行が良くなると、自律神経が整いやすくなります。
自律神経が整うとホルモンバランスも整いやすくなりますので、男女ともに妊娠しやすい状態へと導きます。
マカにも男性機能を向上する働きと乱れた女性ホルモンを整えるように促す働きがあります。
男性機能が向上することで男性不妊のリスクを下げ、女性ホルモンを整えることで妊娠率を高めます。
コエンザイムQ10とマカを一緒に摂ることで、より妊娠率を高めるのです。

疲労回復・体力UP効果

コエンザイムQ10はエネルギー生産効率を上げることで、体内のエネルギーであるATPの生産を増やします。
ATPは人が活動するためには欠かせないエネルギーですので、ATPの生産量が増えることでエネルギー不足を予防し、活動を活発にします。
また、コエンザイムQ10によってエネルギー生産効率が上がると、代謝も上がります。
代謝が上がり、血行不良が改善されると老廃物や疲労物質が溜まることなくスムーズに排出されますので、疲れにくく疲労回復の早い体になります。
さらに、コエンザイムQ10は筋肉細胞の代謝を活性化することで、筋力UPのサポートもしますので、体力UPも期待できます。
マカには豊富なたんぱく質とアミノ酸が含まれていますので滋養強壮に良いのはもちろん、マカに含まれるアルギニンには体内の疲労物質であるアンモニアの排出を促す働きがありますので、疲労回復を早めます。
コエンザイムQ10とマカを一緒に摂ることで、疲労回復をよりスムーズにし、さらなる体力UPが期待できます。

免疫力UP、生活習慣病予防効果

コエンザイムQ10にはエネルギー生産効率を高めることで代謝を高める働きがあります。
代謝が高まると体温も高まりますので、免疫力もUPします。
さらにコエンザイムQ10には強力な抗酸化作用があります。
活性酸素は血中の中性脂肪やコレステロールを酸化させて過酸化脂質をつくります。
血管に過酸化脂質が溜まると、血流が悪くなり、動脈硬化を促します。
動脈硬化は生活習慣病やガンのリスクを高めます。
コエンザイムQ10の抗酸化作用によって活性酸素の増加を抑制することは、動脈硬化を予防し、生活習慣病やガンのリスクを下げることに繋がります。
マカに含まれるアルギニンも、体内に侵入してくる細菌やウイルスに対する抵抗力を高めたり、病原菌と戦うT細胞を増やしたり、ガン細胞が増殖する酵素の働きを抑える一酸化窒素をつくるサポートをする働きがありますので、コエンザイムQ10と一緒に摂ることでさらに免疫力が強化されます。
また、マカに含まれるサポニンにも抗酸化作用がありますので、コエンザイムQ10を単体で摂るよりも優れた抗酸化作用を発揮します。

アンチエイジング効果

コエンザイムQ10はエネルギー生産効率を高めることで代謝を促します。
代謝が促されると新陳代謝も活発になりますので、肌のターンオーバーも正常化しやすくなります。
正常なターンオーバーが繰り返されることで、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を排出しやすい状態をつくるだけでなく、肌のバリア機能を正常に保つことにも繋がります。肌のバリア機能が正常に保たれると、肌が強くなりますのでニキビや肌荒れをしにくい肌になります。
このように正常なターンオーバーによって健やかな肌をつくることは、シミやそばかすをつくりにくくするだけでなく、乾燥に強い肌になります。
乾燥から強い潤いのある肌はシワやたるみができにくいので、若々しい肌を維持します。
また、コエンザイムQ10には強い抗酸化作用があります。
活性酸素はシミやそばかすの原因となるメラニン色素を過剰に分泌させるだけでなく、肌の潤い成分であるヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどを破壊して、シワやたるみを引き起こします。
コエンザイムQ10が持つ抗酸化作用で活性酸素の増加を防ぐことは、肌のしわ、たるみ、シミ、そばかすを防ぐことに繋がるのです。
さらに、コエンザイムQ10が優れている点は、抗酸化作用を持つビタミンEのデメリットをカバーすることができる点です。コエンザイムQ10は、抗酸化物質として働いたビタミンEを還元し、もう一度抗酸化物質に戻す、という働きがあります。

マカに含まれるサポニンには血流改善効果と活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
血流が良くなることで新陳代謝が活発になり、ターンオーバーも正常化しやすくなりますのでコエンザイムQ10と一緒に摂ることで、よりターンオーバーを正常化へと導きます。
また、それぞれが持つ活性酸素もより強化されますので、アンチエイジング効果がより高まります。

このように、マカとコエンザイムQ10は組み合わせることでそれぞれが持つ効果をより高めると期待されています。
妊活に励んでいる方、男性機能に悩みのある方、生理不順や更年期障害などホルモンバランスの乱れを改善したい方、健やかな肌を手に入れたい方、免疫力を強化して病気を予防したい方、脂肪を燃やしたい方は、マカ配合のコエンザイムQ10の摂取がおすすめですよ。

あなたにオススメのコラムRecommend