生成

コエンザイムQ10で筋力アップを期待

コエンザイムQ10は心臓のお薬として利用されていたということが知られていますが、心臓や肝臓など臓器だけに存在するのではなく、体内のあらゆる細胞内に存在しています。
様々な効果が期待される成分ですが、スポーツ選手、アスリートからも高い注目を集めている成分で、実際に利用されているアスリートも非常に多くなっています

筋肉疲労の抑制、さらに筋肉の細胞を破壊させない、損傷させないという働きを、コエンザイムQ10が持っているからです。
一般の方々も、疲労しやすい体やだるさが抜けないといった悩みを解消したいと、コエンザイムQ10を利用される方が多いのです。

なぜ、この成分が筋肉疲労や疲労回復への効果を持っているのか、というと、活性酸素を除去するという強い抗酸化作用を持っているからです。
活性酸素は体内で細菌やウイルスが侵入してきた際、排除する、やっつけるという有用な働きを持っているのですが、過剰に分泌されると、細胞を損傷し、破壊、またDNAを傷つけ改ざんしてしまったり、細胞そのものを老化させるなど悪さをし始めます。

この活性酸素を抑制する機能をもともと人は持っていますが、その強力な機能が、コエンザイムQ10の持っている抗酸化作用なのです。
コエンザイムQ10は電子を放棄するという行動で、脂質の生成を防止します。
つまり、活性酸素の大元を阻害してくれるので筋肉細胞に傷をつけたり破壊するという行為を抑制することができるのです。