コエンザイムQ10とATP

コエンザイムQ10とATPの関係

コエンザイムQ10には大きく2つの働きがあります。
まず一つは、血管やDNA、体のあらゆる細胞の損傷を招く活性酸素を除去する働きです。
活性酸素は老化現象を招くだけでなく、心臓病や脳卒中、ガンなどの生活習慣病の発病や進行の一因です。
コエンザイムQ10が持つ抗酸化作用によって活性酸素の暴走を抑制します。
また、コエンザイムQ10は同じ抗酸化作用を持つビタミンEやビタミンCの働きをサポートする働きもありますので、ビタミンEやビタミンCを単体で摂るよりも高い抗酸化力が期待できます。

そして、コエンザイムQ10が持つもう一つの働きがエネルギーの産生効率を上げることです。
人は生命を維持するためにエネルギー源となる、脂質、糖質、たんぱく質を食べ物から摂ります。
食事から摂り入れた栄養は細胞内にあるミトコンドリアによってエネルギーとなります。
ミトコンドリアがつくるエネルギーを「ATP(アデノシン三リン酸)」といいます。
ミトコンドリアが休むことなくATPを作り続けることで、人の体は活動をしたり、体温を維持したり、細菌やウイルスから体を守ったりしているのです。

しかし、これは言い換えれば、どんなにエネルギーとなる栄養を摂ってもATPが作られなければ意味がないともいえます。
ATPの生産効率が落ちてATPの生産量が減るということは、エネルギー不足に陥ることと等しいので、疲れやすくなったり、元気が失われたり、やる気が低下したりしてしまうのです。

そこで力を発揮するのがコエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10がなくともATPは生産されるのですが、コエンザイムQ10のサポートがあることによってミトコンドリアがATPをつくる生産効率が上がるのです。
簡単にいうとコエンザイムQ10は肥料のような存在なのです。
植物は肥料がなくても育ちますが、肥料を加えると育ちが格段に良くなりますよね。
コエンザイムQ10がしっかりあるとミトコンドリアもパワーUPして、ATPをたくさんつくれるのです。

ATPが活発につくられるメリット

上記でも述べたように、ATPは私たちが食事から摂り入れたエネルギー源をもとにつくられた直接的に体のエネルギーとなる存在です。
つまり、ATPが活発につくられればつくられるほど体はエネルギーに満ちているということになります。
では、コエンザイムQ10によってATPが活発につくられるとどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、ATPが活発につくられるメリットを5つご紹介します。

ダイエット

ATPは脂質や糖質などを燃焼してエネルギーとなったものです。
つまり、脂質も糖質もATPとして燃焼されなければ脂肪のもととなる栄養素ですので、 ATPが活発につくられるということは脂肪を燃焼することと等しいのです。
コエンザイムQ10によってATPの生産効率が上がると太りにくいので、間接的にダイエットにもなります。

冷え性予防・改善

人の体はエネルギーをつくることで体温を維持しています。
つまりATPを活発につくることで体温を維持していますので、ATPの生産効率が下がると体温が上がりづらくなり、冷え性になりやすくなります。
コエンザイムQ10によってATPの生産効率が上がると体温を維持しやすくなりますので、冷え性の予防・改善に繋がります。

肌のハリ・ツヤ・うるおいUP、肌トラブルの予防

ATPは肌のハリ、ツヤ、うるおいを維持するために必要なセラミドの合成にも関わっています。
セラミドは肌のうるおいを保つだけでなく、紫外線や外部の刺激から肌を守るバリア機能を強化する役割も担っていますので、セラミドの合成量が減少すると肌の乾燥を招きます。
さらにハリ、ツヤ、うるおいが低下するだけでなくあらゆる肌トラブルを引き起こします。
また、ATPは正常な新陳代謝にも欠かせませんので、ATPの生産効率が落ちると肌のターンオーバーにも影響します。
コエンザイムQ10によってATPの生産効率が上がると、肌のハリ、ツヤ、うるおいがUPするだけでなく、ターンオーバーを正常に保つことで様々な肌トラブルも予防します。

デトックス

ATPは活動するためのエネルギーだけでなく、老廃物を排出するためのエネルギーでもあります。
ですから、ATPの生産効率が落ちると老廃物が溜まりやすくなり、肌はくすみ、ごわつき、肌荒れなどを引き起こします。
さらに、老廃物が溜まって血流が悪くなることで新陳代謝が低下し、脂肪を溜め込みやすくなった結果、太りやすくなります。
ほかにも、身体がむくみやすくなったり、セルライトができたりと、あらゆる弊害を引き起こすリスクを高めます。
コエンザイムQ10によってATPの生産効率が上がると、老廃物の排出がスムーズになりますので、デトックスに繋がります。

疲労回復、やる気UP

ATPは体の直接的なエネルギーですので、不足すると体はエネルギー不足に陥ります。
つまり、車でいうところの燃料切れと似たような状態です。
燃料がないと車が動かないように、人の体もATPがなければ動きません。
具体的には、疲れやすくなったり、疲労回復が遅れたり、やる気や集中力が低下したりします。
コエンザイムQ10によってATPの生産効率が上がると、疲労回復がスムーズに行われ、やる気や集中力もUPします。

このように、コエンザイムQ10によってATPの生産効率が上がると、身体にとって嬉しいことがたくさんあります。
しかし、コエンザイムQ10は年齢とともに合成量が減っていきますので、それに伴うようにATPの生産効率も低下していきます。
ATPの生産効率を上げるためにはコエンザイムQ10を積極的に摂ることが大切です。
コエンザイムQ10は肉類や魚類からも摂れますが、1日に必要な量を毎日食事で摂るのは難しいので、サプリメントなどで手軽に毎日摂ることがおすすめですよ。

あなたにオススメのコラムRecommend