コエンザイムQ10の包接体とは

コエンザイムQ10の包接体とは?

コエンザイムQ10は様々な食品に含まれていますが、その含有量はどれもごく微量で、1日に必要なコエンザイムQ10を補うには食事だけでは難しいといわれています。
そこでおすすめなのがコエンザイムQ10のサプリメントです。
サプリメントであれば、カロリーや糖質を気にすることなく1回で多くのコエンザイムQ10を補うことができます。

コエンザイムQ10のサプリメントにはコエンザイムQ10包接体という種類が存在します。
包接体といわれても何のことだかわかりませんよね?
コエンザイムQ10包接体とは、酸化型のコエンザイムQ10をオリゴ糖の1種であるシクロデキストリンで包んだものです。
シクロデキストリンは、外側は水分に、内側は油分に馴染みやすい性質を持っていますので、
吸収率の悪い酸化型コエンザイムQ10を包むことで体内吸収率を上げます。

とはいっても、包接体に包まれていても中身は酸化型コエンザイムQ10ですので、体内に入ってもコエンザイムQ10として力を発揮するためには還元型に変換する必要があります。
酸化型から還元型に変換する力は年齢とともに衰えていきますので、体内に摂り入れた酸化型コエンザイムQ10の全てが還元型に変換されるわけではありません。
酸化型から還元型へと変換する力が衰えると、還元型へ変換されることなく、体外へと排出されていまいます。
その点、還元型コエンザイムQ10であれば、始めから還元型で生成されていますので、変換する必要もありません。
加齢によって還元力が低下した方でも、還元型コエンザイムQ10であれば、スムーズに吸収されます。

コエンザイムQ10は包接体と還元型のどちらが良い?

では、コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶ際は、包接体と還元型のどちらのシュルが良いのでしょうか?

吸収率や効果実感の早さでいえば、還元型のコエンザイムQ10をおすすめします。
しかし、還元型のコエンザイムQ10は技術や開発にコストがかかっていますので、包接体よりも値段が高く設定されています。
一方の包接体は還元型よりも比較的安価に設定されています。
コエンザイムQ10に限らずどのサプリメントにも同じことが言えますが、健康食品は薬ではありませんので継続することで効果実感を得られます。
個人差もありますが、短くても3ヶ月~半年摂取し続けることで効果実感を得られるといわれています。
内容成分や品質はもちろんですが、継続できなければ意味がありませんので、自分が長期的に継続できる価格のものを選ぶこともサプリメントを選ぶ大切なポイントなのです。

20~30代の方であれば、酸化型から還元型へと変換する力が強いので、コエンザイムQ10の包接体でも効果実感が得られやすいでしょう。
しかし、40代以降の方や、ストレスや疲労を強く感じている方は還元力が衰えている可能性がありますので包接体では効果実感が得にくいでしょう。
そのような方は還元型コエンザイムQ10を摂ることをおすすめします。

体内に存在するコエンザイムQ10は年齢、生活習慣、ストレスレベルなどによって異なります。
口コミ評価や価格などに左右されず、自分の健康状況を把握した上で、自分に合ったコエンザイムQ10のサプリメントを選びましょう。

あなたにオススメのコラムRecommend