生成

コエンザイムQ10は年齢と共に減少する

近年、コエンザイムQ10はサプリメントや健康食品として利用されるようになってきましたが、少し前までは狭心症や心筋梗塞、脳出血や代謝異常などの治療薬として医療分野でのみ、利用されてきた成分でした。
それが今、健康のためにサプリメントとして利用できるのですから、これはうれしいことです。
コエンザイムQ10はもともと体内に存在する成分であり、体内で合成できる成分です。
でもコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が加齢とともに体内から減少していくのと同じように、コエンザイムQ10も、20歳をピークに減少し、40歳前後には急激にその量が減少するということがわかっています。
その後はあまり合成されることもなく、不足した状態が継続します。
特に問題なのが、心臓や腎臓・肺・肝臓などの重要な臓器内のコエンザイムQ10が減少していくという点です。
生産量が低下してしまうということも大きな問題なのですが、実は年齢を重ねていく毎にどんどん「コエンザイムQ10が必要」となるのです。
必要量が増加するのに体内からは減少の一途をたどる・・・これではどうしようもありません。
老化が一気に進んだ、すごく疲労するようになったなど感じている方は、コエンザイムQ10の不足状態が深刻なのかもしれません。
加齢とともに体内から減少していくこの成分を、サプリメントなどからしっかり補給し、体内に不足しない状態にしておくことはとても重要なことなのです。