コエンザイムQ10でむくみ対策

むくみの原因

人の体はおよそ60%が水分でできており、さらに二足歩行の生き物ですので、そもそもむくみやすい構造なのです。
では、人の体はどのようにしてむくむのでしょうか?

本来、体内に存在する水分は細胞や血管などを循環することで栄養を届けたり老廃物を回収したりしています。しかし、何らかの原因によって体内の水分のバランスが崩れると、細胞の隙間に水分が溜まります。
これがむくみです。
何らかの疾患や病気によるむくみもありますが、その場合むくみだけでなく動悸や息切れ、食欲不振、疲労などの他の症状を併発することがほとんどです。
むくみに悩まされている方の多くは、疾患や病気などが原因ではなく、一時的なむくみです。

一時的に起こるむくみの原因は長時間同じ姿勢でいることにあります。
長時間同じ姿勢でいると、血液循環が悪くなります。
すると、血管から水分が多く流れ出してしまい、身体に余分な水分が溜まります。

一時的なむくみの原因は水分や塩分の摂りすぎにもあります。
必要以上に水分を摂ると体内水分量が増えてむくみやすくなります。
これと同様に、必要以上に塩分を摂り過ぎると体は塩分を排出するために水分を溜め込みます。
ほかにも、睡眠不足や運動不足、ストレスなどもむくみの原因となります。
代謝量の差などの要因から女性は男性よりもむくみやすい体質ですので、男性よりもむくみに気を付けなければなりません。

むくみを予防するためには、長時間同じ姿勢にならないように気を付けたり、水分や塩分を摂り過ぎないようにしたり、着圧ソックスをはいたりといった工夫を日頃から行うことも大切ですが、むくみの対策に有効な成分を食事から摂ることも重要です。
むくみ対策に有効な成分はコエンザイムQ10です。
ではなぜコエンザイムQ10がむくみ対策に有効なのでしょうか?

コエンザイムQ10がむくみ対策に有効な4つの理由

心機能の向上

心臓の主な働きは全身に血液を送り出すことにあります。
しかし、年齢とともに心機能が低下していき、血液循環も滞りやすくなります。
血液循環が滞ると余分な水分や老廃物が溜まりやすくなり、身体はむくみやすくなります。
心臓はコエンザイムQ10の組織濃度が最も高い臓器ですので、加齢とともにコエンザイムQ10が減少すると心機能も低下しやすくなります。
実際、心不全の患者は心臓のコエンザイムQ10濃度が低いこともわかっています。
コエンザイムQ10を補充して心機能を高めることで血液循環を良くします。
血液循環が良くなることで、余分な水分や老廃物の回収もスムーズになり、むくみにくい体をサポートします。

冷えを予防

年齢とともに代謝が落ちると体温も上がりづらくなります。
体温が上がらない状態が続くと体は冷えやすくなり、血液循環が悪くなります。
その結果、むくみを引き起こします。
コエンザイムQ10はエネルギー生産効率を上げることで、代謝を高める働きがあります。
代謝が上がると体温も高くなり、冷えが改善しやすくなります。
身体の冷えが改善されると血液循環も良くなりますので、むくみの予防・改善に繋がります。

老廃物の排出を促進

コエンザイムQ10は細胞に存在するミトコンドリアがつくるエネルギー「ATP」の生産効率を上げる働きを担っています。
ATPは人が健やかな活動をするためには欠かせないエネルギーなのですが、ATPは活動するためのエネルギーとなるだけでなく、老廃物を排出するためのエネルギーでもあります。
ですから、ATPの生産効率が落ちると老廃物が溜まりやすくなります。
老廃物が溜まると、新陳代謝が低下して血流が悪くなり、むくみを引き起こします。
さらに、老廃物が溜まった血液が体内を巡ると、疲労回復が遅れたり、肌荒れやにきびを引き起こしたりと様々な不調を引き起こします。
コエンザイムQ10を摂ってATPの生産効率が上がると、老廃物の排出もスムーズになりますので、新陳代謝の低下を防ぎ、むくみを予防します。

栄養・酸素の運搬をサポート

あまり広く知られていませんが、実は「たんぱく質」が不足すると体はむくみやすくなります。
たんぱく質には「アルブミン」という物質が含まれています。
アルブミンは血中を流れている物質で、細胞に栄養を届けたり、余分な水分や老廃物を回収する働きを担っています。
ですから、アルブミンが不足すると血液循環が滞るだけでなく、必要な栄養が細胞に届けられず、さらには余分な水分や老廃物が溜まりやすくなってしまうのです。
その結果、むくみを引き起こします。
つまり、むくみを予防するためにはたんぱく質を摂ることが重要なのです。

しかし、体には補充したたんぱく質の吸収を邪魔する存在があります。
それは活性酸素です。
活性酸素はたんぱく質を酸化させて錆びさせて、体内吸収を邪魔します。

そんな活性酸素からたんぱく質を守るのがコエンザイムQ10なのです。
コエンザイムQ10は活性酸素を除去する抗酸化作用を持っていますので、たんぱく質を活性酸素による酸化から守ります。
たんぱく質がしっかりと吸収されることでアルブミンの力も発揮されますので、栄養や酸素の運搬、老廃物の回収を促します。

また、活性酸素によって血管が酸化すると、血管から弾力性が失われ血行が滞りやすくなります。血行が滞ると栄養や酸素が十分に細胞に届けられなくなり、むくみを引き起こします。
コエンザイムQ10の抗酸化作用は血管を酸化からも守ります。

このように、コエンザイムQ10にはむくみ対策に有効な働きをいくつも持っています。
むくみを解消したい方はもちろん、血液循環を良くしたい、身体に老廃物を溜めたくないという方にもコエンザイムQ10はおすすめですよ。

あなたにオススメのコラムRecommend