コエンザイムQ10で寝起きがスッキリ

朝スッキリ起きられない理由

朝スッキリ起きられず、寝目覚めの悪さを感じている方は少なくありません。
寝起きが悪い理由は、起床しても眠気やだるさが残っているからです。
起床しても眠気やだるさが残っている原因は「睡眠の質」にあります。
十分な睡眠時間をとっても、睡眠中の質が悪ければ心身の疲れはとれません。
反対に、短い睡眠時間でも睡眠の質が高ければ心身の疲労は回復します。
つまり、朝スッキリ起きるためには睡眠の質を高めることが重要なのです。
では、睡眠の質を下げる原因は何にあるのでしょうか?

自律神経の乱れ

自律神経は心身のバランスを司っている器官です。
自律神経には主に昼間などの活動時に働く「交感神経」と主に夜の休息時に活発になる「副交感神経」があります。
交感神経と副交感神経が状況に応じて優位になることで、私たちの心身はバランスを保っています。
スムーズに入眠するためにも自律神経の働きが重要です。
上手く寝付くためには、昼間に交感神経が活発になり、夜に副交感神経が優位になる必要があります。
しかし、自律神経の切り替えがうまくいかないとすぐに寝つけなかったり、夜中に何度も目が覚めたりして、質の良い睡眠がとれません。
その結果、寝目覚めが悪くなったり、朝スッキリ起きられなくなったりするのです。

慢性疲労

病気や疾患ではないものの過度な疲労が長期的に続くことを慢性疲労といいます。
現代人の約30%以上が慢性疲労に悩まされているといわれているほど、多くの方が強い疲労を感じ続けています。
従来まで、疲労の原因は筋肉に蓄積した乳酸だと考えられてきましたが、近年の研究によって疲労の大きな要因は「活性酸素」にあることが判りました。
というのも、心身が疲弊している時は、自律神経を司っている脳の視床下部も疲労していたのです。
活性酸素によって視床下部の細胞が損傷を受けると、細胞機能が低下して疲労を生みます。
さらに、視床下部や前部帯状回に活性酸素が蓄積すると、活性酸素が細胞を傷つけます。
すると、細胞機能が低下するだけでなく、損傷した細胞から疲労因子が放出されます。
このような作用から、脳内で発生した活性酸素によって疲労感を強く覚えるようになるといわれています。

コエンザイムQ10で寝起きスッキリ!

コエンザイムQ10は睡眠の質を低下させる原因を予防・改善へと導くことで、寝起きをスッキリさせる働きがあります。
では、コエンザイムQ10はどのように睡眠の質を改善へと導くのでしょうか?

酸化ストレスを緩和

上記でも述べたように、睡眠の質を高めるためには昼間に交感神経が活発になり、夜に副交感神経が優位になる必要があります。
しかし、自律神経の切り替えがうまくいかないとすぐに寝つけなかったり、夜中に何度も目が覚めたりして、質の良い睡眠がとれません。
その結果、寝覚めが悪くなったり、朝スッキリ起きられなくなったりするのです。
自律神経を乱す大きな要因はストレスにあります。
人の心身は強いストレスを受けると、脳の視床下部から指令が出され、コルチゾールというストレスホルモンを分泌させます。
コルチゾールが分泌されると、汗の量が増えたり血圧が上昇したりして、エネルギー消費量が増えます。
一見、エネルギ―消費量が増えると良いことのように思えますが、エネルギー消費量が増えるということはその分体内に取り込まれる酸素も増えます。
体内に取り込んだ酸素の2%は活性酸素に変化しますので、体内に取りこむ酸素が多くなるということは必然的に体内で生成される活性酸素も増えます。
活性酸素は健康な細胞を傷つけたり、細胞のエネルギー生産を低下させたりしますので、疲労物質や老廃物が溜まりやすく排出されにくくなり、脳が強く疲労を感じるようになります。
また、エネルギー生産効率が落ちることで、壊れた細胞の再生や修復が遅れ、疲労感や倦怠感、だるさを強く感じるようになります。

コエンザイムQ10には細胞を傷つける活性酸素を除去する抗酸化作用があるだけでなく、エネルギー生産効率を高める働きもありますので、傷ついた細胞の再生や修復を促進します。
コエンザイムQ10は酸化ストレスを緩和するだけでなく、長期的に摂ることで、酸化ストレスに強い体をつくることで睡眠の質低下を予防・改善へと導きます。
この働きにより睡眠の質が良くなると、朝スッキリと目覚めます。

睡眠の質を改善

睡眠の質を高めるために重要なホルモンがあります。
それは、「成長ホルモン」です。
成長ホルモンは主に眠っている間に分泌されるホルモンで、身体の成長や再生を促す重要な存在です。
この成長ホルモンが多く分泌されるほど心身が休まり、身体の回復も促されますので、質の良い睡眠がとれます。
しかし、質の良い睡眠がとれなければ成長ホルモンは十分に分泌されません。

睡眠の質を低下させる要素の一つに「いびき」があります。
いびきは睡眠中に上気道で発生する振動音のことです。
直接的にいびきが不眠症状などを引き起こすことはほぼありませんが、いびきによって喉が乾燥したり、刺激されたりすると、質の良い睡眠をとりにくくなるのです。
いびきの原因は人それぞれですが、筋肉が弛緩し、空気の通り道が狭くなることでいびきが生じると考えられています。
根本的にいびきを改善するためには、いびきの原因となっている喉周辺の筋肉に直接働きかけることが重要です。

そこで期待されている成分がコエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10は喉周辺の弛緩した筋肉に直接働きかけることで、狭くなった気道を確保し、いびきを予防・改善へと導きます。
いびきが改善されることで睡眠の質も良くなりますので、成長ホルモンの分泌も活発になります。
成長ホルモンの分泌が活発になると、心身の疲労回復効果も高まりますので、朝スッキリ起きられるようになります。

このように、コエンザイムQ10には寝起きがスッキリできるように促す働きがあります。
朝スッキリ起きられない方はもちろん、目覚めが悪い方も、コエンザイムQ10を摂って朝スッキリを目指しましょう。

あなたにオススメのコラムRecommend