コエンザイムQ10の経口摂取のメリット

コエンザイムQ10の経口摂取のメリット

コエンザイムQ10はエネルギー生産効率を高めることで、体内のエネルギーとなるATPを活発につくります。
ATPが活発につくられると、疲労回復がスムーズに行われたり、新陳代謝が活性化したり、脂肪燃焼効率がUPしたりすることで、様々な健康、美容効果が期待出来ます。
また、コエンザイムQ10は過剰に発生した活性酸素を除去する抗酸化作用も備わっています。
コエンザイムQ10の抗酸化作用によって活性酸素の増加が抑えられることで、細胞の酸化を防ぎ、肌、髪、内臓などの老化現象を抑制します。

そんなコエンザイムQ10ですが、加齢やストレス、疲労などによって体内で生成される量が減少していきます。
コエンザイムQ10が減少すると、エネルギー生産効率が落ちるだけでなく、抗酸化作用も低下します。
それにより、疲れやすくなったり、太りやすくなったり、血液循環が悪くなったり、生活習慣病のリスクが上がったり、肌老化が悪化したりします。
コエンザイムQ10不足を予防・改善するためには、コエンザイムQ10を補充することが重要です。

コエンザイムQ10の補充方法は、化粧水や美容液、クリームなどがありますが、疲労回復や体力UPを目的としている場合、経口摂取がおすすめです。
コエンザイムQ10は身体の様々な部位に存在していますが、とくに筋肉、心臓、腎臓、肝臓、肺などの内臓はコエンザイムQ10濃度が高いことがわかっています。
肌への効果を目的としている方は肌に直接塗る方が効果実感が高いといわれていますが、内臓の働きを活性化するためには経口摂取する方が効果的です。
例えば、疲れやすい方、痩せにくく太りやすい方、血液循環が悪い方、集中力ややる気を高めたい方は、直接内臓へと届く経口摂取の方がおすすめです。
コエンザイムQ10を含む食品には、イワシや牛肉、大豆、くるみ、アーモンド、ほうれん草などがあります。
しかし、食品に含まれるコエンザイムQ10はごく微量ですので、十分な効果実感を得るためには食品だけでコエンザイムQ10を補充するのは効率的ではありません。
コエンザイムQ10を経口摂取する場合は、サプリメントで補うことをおすすめします。

経口摂取はサプリメントがおすすめ

コエンザイムQ10の経口摂取はサプリメントがおすすめな理由は4つあります。
それが以下の4つです。

カロリー

1日に必要な量のコエンザイムQ10は人によって異なりますが、健康維持が目的であっても60mg以上のコエンザイムQ10量が必要です。
上記でも述べたように、食品に含まれるコエンザイムQ10はごく微量ですので、60mgのコエンザイムQ10を食事だけで摂ろうとするとカロリーオーバーになりますし、食べきれません。
サプリメントであれば、カロリーオーバーになることはありませんし、必要な量をいつでもどこでも摂取することができます。

利便性

コエンザイムQ10は脂溶性なので、油と一緒に摂ることで吸収率を高めます。
また、コエンザイムQ10が比較的多く含まれる肉類や魚介類は調理が必要なので、コエンザイムQ10を毎日食事から摂るのは手間がかかります。
サプリメントの場合、調理の必要もありませんし、どこにでも持ち運べますので、旅行のときでも持ち歩くことができます。

コスト

食事からコエンザイムQ10を摂る場合、コエンザイムQ10が含まれた食材を選んで調理しなければなりません。
必要な量のコエンザイムQ10を摂るためには、様々なコストがかかります。
サプリメントの場合、必要な量を必要な分だけ摂取すれば良いのでコスト面でも経済的ですし、製品によって価格が異なりますので、自分の経済状況に合った製品を選べるという選択肢があります。

吸収率

食事でコエンザイムQ10を摂る場合、消化、吸収に時間がかかります。
消化、吸収に時間がかかるということはそれだけ効果実感が遅くなるということです。
サプリメントの場合、消化、吸収がスムーズな形状になっていますので、効果的なタイミングを逃すことなく摂取できます。
また、コエンザイムQ10のサプリメントには酸化型と還元型があります。
酸化型は、体内で還元型に変換されることで体内で利用できますが、還元型の場合、体内で変換する必要がないので摂り入れた後すぐに利用されます。
還元型のコエンザイムQ10を摂ることで、コエンザイムQ10の体内吸収をよりスムーズにします。

このように、サプリメントであれば経口摂取のメリットがさらに増えます。
心臓や内臓の働きを活性化したい方は、経口摂取で効率よく効果実感を得ましょう!

あなたにオススメのコラムRecommend