男性に嬉しいコエンザイムQ10の効果

男性に嬉しいコエンザイムQ10の効果とは?

コエンザイムQ10は美容や健康に良い影響をもたらすことから、とくに女性に注目されている成分ですが、実は男性にも嬉しい効果が期待されています。
それは、男性不妊の予防・改善効果です。

男性不妊の大きな原因にOAT症候群があります。
OAT症候群とは以下の3つの症状を指します。
〈OAT症候群〉
・乏精子症(Oligozoospermia)
精子の数が少ない症状
・精子無力症(Asthenozoospermia)
精子の運動率が悪い症状
・奇形精子症(Teratozoospermia)
正常な形をした精子が少ない症状

OAT症候群の原因は人によっても様々ですが、主な原因は「精索静脈瘤」と「加齢」にあります。
精索静脈瘤とは、精巣周辺の陰嚢部に発達した静脈瘤ができることです。
静脈に瘤ができることによってうっ血したり、血液が逆流したりすることによって造精機能障害になり、OAT症候群を引き起こします。
さらに、加齢によって精液の量が減少していきます。
つまり、1回の射精において出てくる精子の量も減少していくということになりますので、年齢と共にOAT症候群のリスクが高まります。

男性不妊の原因ともなるOAT症候群の予防・改善に効果が期待されているのがコエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10には活性酸素を除去する強力な抗酸化作用があります。

活性酸素は身体の老化だけでなく精子の老化、または劣化を招く要因でもあるのです。
精子の老化や劣化は、精子の染色体を構成するDNAが損傷することで生じます。
精子のDNAを損傷させる原因の一つに、活性酸素による酸化ストレスが関係していることが判っています。
つまり、活性酸素を除去し、酸化ストレスを減らすことで精子のDNAの損傷を予防するのです。
精子のDNAの損傷を予防することは精子の老化や劣化を防ぐことに繋がりますので、OAT症候群のリスクを減らし、改善へとサポートします。
これが、コエンザイムQ10が男性不妊に効果的だと期待されている理由です。

実際に、獨協医科大学越谷病院泌尿器科の研究チームでOAT症候群の男性不妊患者169名を対象に、コエンザイムQ10が含まれた抗酸化サプリメントを服用してもらった結果、服用前の平均精子濃度が2630万だったのが、3ヶ月後には3750万、半年後には4900万に増加したという結果が出たそうです。
さらに、服用前の精子運動率は25.2%でしたが、3ヶ月後には39.1%、半年後には41.3%に改善されたそうです。
このように、コエンザイムQ10を用いた試験においても、OAT症候群への効果があるという結果が出ています。

コエンザイムQ10はEDの予防・改善もサポート

コエンザイムQ10は男性不妊の原因にもなるOAT症候群を予防・改善へと導くだけでなく、男性不妊をもたらすEDの予防・改善にも効果的です。
EDとは勃起障害のことで、勃起に時間がかかったり、持続しなかったりして、満足のいく性交ができない病気です。

コエンザイムQ10にはエネルギー効率を高める働きがあります。
エネルギー効率が高まり、全身の細胞が活性化することで代謝が上がります。
代謝が上がると、血液循環が良くなります。
EDを引き起こす原因の一つは血行不良にあります。
通常であれば、性的刺激を受けると脳から神経を通って、陰茎に伝わり、陰茎海綿体の動脈が拡張し大量に血液が流れ込むことで性器が勃起します。
しかし、血液の流れが悪くなると陰茎海綿体の動脈が上手く拡張せず、十分な血液が流れ込むことができずに、正常に勃起が起こりません。
全身の血液循環を良くすることで、性的刺激→神経→陰茎→陰茎海綿体の動脈拡張→正常な勃起までの流れをスムーズにします。

コエンザイムQ10がEDの予防・改善に効果的な理由はもう一つあります。
それは、コエンザイムQ10が生活習慣病の予防・改善をサポートする働きです。
というのも、生活習慣病に含まれる糖尿病、高血圧、高脂血症などはEDのリスクを高めることがわかっています。

生活習慣病の原因の一つは活性酸素にあります。
本来であれば体内に侵入してきた細菌やウイルスを撃退するために必要な存在である活性酸素ですが、必要以上に増え過ぎると健康な細胞までも酸化させてしまいます。
細胞が酸化することによって、身体の免疫力が低下したり、血管がもろくなったり、悪玉コレステロールを過酸化脂質に変化させて動脈硬化を進行させたりして、生活習慣病のリスクを高めます。

コエンザイムQ10には増え過ぎた活性酸素を除去する抗酸化作用が備わっていますので、細胞の酸化を防ぐことで生活習慣病のリスクを下げます。
さらに、コエンザイムQ10が優れている点は、抗酸化作用を持つビタミンEのデメリットを解消することです。
ビタミンEは非常に強い抗酸化作用を持っている成分ですので、活性酸素の除去には強い味方となってくれるのですが、その抗酸化作用を発揮する過程においてビタミンE自体も細胞の酸化を促す性質に変化してしまうというデメリットがあるのです。
コエンザイムQ10は酸化を促す性質に変化したビタミンEを修復してくれる働きを持っていますので、ビタミンEが持つデメリットを解消してくれるのです。

このように、コエンザイムQ10はEDを予防・改善へと導く働きを持っていますので、男性不妊で悩んでいる方だけでなく、EDで悩んでいる方にもおすすめです。

あなたにオススメのコラムRecommend