コエンザイムQ10の選ぶ時の基準は?

コエンザイムQ10が減少すると?

本来、コエンザイムQ10は人の体内で作り出されます。
コエンザイムQ10は、食事から摂取した栄養素(脂質、糖質、たんぱく質)を体内のエネルギーであるATPに作り変える生産効率を高める働きを持っています。
ATPは生命維持活動に必要不可欠なエネルギーですので、コエンザイムQ10によってATPが活発につくられることで体内のエネルギー不足を防ぎます。
また、コエンザイムQ10は高い抗酸化作用を持っていますので、細胞の酸化による肌のシミ、しわ、たるみなどの老化現象を予防します。
また、活性酸素の増加を防ぐことによって、活性酸素の増加によって生じる動脈硬化やガンのリスクを下げます。
このように、健やかに美しい体を維持するためにコエンザイムQ10は非常に重要な栄養素なのです。

しかし、体内で作られるコエンザイムQ10の量は加齢とともに減少していきます。
コエンザイムQ10の生成量は20歳前後がピークとされており、40代を過ぎるとピーク時の半分以上も減少してしまうといわれています。
コエンザイムQ10の生成量が減ると、ATPの生産効率が落ちますので、体はエネルギー不足に陥ります。
すると、疲れやすくなったり、疲労回復が遅れたり、太りやすくなったり、病気にかかりやすくなったり、肌や髪の毛が衰えたりなど、様々な老化現象を引き起こします。

エネルギー不足を予防し、老化現象を防ぐためにはコエンザイムQ10を補うことが大切です。
コエンザイムQ10は魚類や肉類に多く含まれていますが、食品に含まれるコエンザイムQ10量はごく微量で1日に必要な量のコエンザイムQ10を食事だけで摂るのは難しいとされています。
そこで、効率的な補給方法がサプリメントです。
では、コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶ際のポイントはどこにあるのでしょうか?

コエンザイムQ10を選ぶ6つのポイント

品質

コエンザイムQ10のサプリメントに限らず、体の中に摂り入れるものは安全性が非常に重要です。
国産のサプリメントであれば粗悪品はないと言いたいところですが、製造方法や品質管理の方法は製品によって異なりますので、どのように品質が保たれているかをHPやメーカーに問い合わせるなどして確認することが重要です。

含有量

製品によってコエンザイムQ10も含有量が異なります。
コエンザイムQ10には1日の目安摂取量というものが決まっていません。
というのも、コエンザイムQ10の必要量は個人差が大きく、またコエンザイムQ10を摂る目的によっても摂取量が変わるからです。
およその目安ですが、健康維持を目的とするならば、1日30~60mg、スポーツをしている方や中高年の方は60~100mg、疲労感を強く覚えていたり体力の低下を感じている方は100~300mg程度の摂取がおすすめです。
コエンザイムQ10を摂る目的を踏まえた上で、目安摂取量を満たす含有量の製品を選びましょう。

種類

コエンザイムQ10には大きく分けて「酸化型」と「還元型」の2種類あります。
2つの種類の大きな違いは、体内に吸収されやすいかされにくいかです。
酸化型のコエンザイムQ10は体内で還元型に変換されなければコエンザイムQ10として力を発揮できません。
一方、還元型のコエンザイムQ10はすでに還元型につくられていますので、変換する必要がなくダイレクトに体内に吸収されます。
つまり、酸化型よりも還元型のコエンザイムQ10の方が体内吸収が良いのです。
酸化型を還元型へと変換する力は年齢とともに低下していきますので、変換力が衰えている中高年の方は酸化型を摂るよりも還元型を摂った方が効果実感しやすいといえます。
しかし、還元型コエンザイムQ10は製造技術にコストがかかっていますので、酸化型よりも価格が高いというデメリットもあります。

価格

サプリメントは同じ内容成分でも価格が異なります。
価格が安いものの全てが粗悪品ではありませんが、一般的に価格が安いものよりも高いものの方が品質が高かったり、加工技術に優れていたりします。
しかし、価格の高さイコール効果の高さではありません。
サプリメントは薬と違って即効性がありませんので、長期的に摂取し続けることで徐々に効果実感を得られるようになります。
つまり、どんなに良いサプリメントでも価格の高さが負担となり、摂取を継続できなくなっては意味がないのです。
サプリメントを継続して摂取するためには、無理のない価格帯の製品を選ぶことも大切なポイントです。

サービス

コエンザイムQ10には様々な製品があります。
初めてコエンザイムQ10のサプリメントを購入する方は、人気の製品や口コミ評判の高い製品を選びがちですが、サプリメントは薬ではありませんので全ての人に同じように効果が出るわけではありません。
人気の製品であっても自分の体には合わないこともありますし、反対に人気のない製品でも自分の体にとっては合うこともあります。
実際に試してみなければどのように身体に届くのかは誰にもわかりませんし、自分に合わないものを摂り続けても意味がありません。
ですから、初回無料の製品や、お試し価格のもの、保証付きなどといったサービスが充実している製品を選ぶことも大切です。
身体にもお財布にも負担が少なく済むように、自分に合うものを見つけましょう。

サポート成分

コエンザイムQ10のサプリメントにはコエンザイムQ10だけでなく、コエンザイムQ10と相性の良いサポート成分が配合されている製品も多く存在します。
例えば、ダイエットが目的ならばミネラルやL-カルニチンが配合された製品、美肌や美白など美容目的ならばビタミンが配合された製品、生殖機能を高めるためには亜鉛が配合された製品など、コエンザイムQ10を摂る目的によって効果実感を高めるサポート成分が含まれたものを選ぶことも重要なポイントです。

自分の健康状況やコエンザイムQ10を摂る目的だけでなく、上記のポイントを踏まえた上でコエンザイムQ10のサプリメントを選びましょう。

あなたにオススメのコラムRecommend