生成

コエンザイムQ10とアンチエンジング

アンチエイジング世代は、健康面でも美容面でも大きな変化がある世代です。
閉経を迎える頃には女性ホルモンが極端に減少してしまうため、肌の質がいきなり落ちてしまったり、疲労しやすい、眩暈がするなど、体に大きな絵変化があります。
この年代になってすごく太りやすくなったという方も多いでしょう。

体のためにコエンザイムQ10を利用するということはもちろんですが、この年代の方々が特に気にされている肌のためにも、この成分が有用な働きをしてくれます。
サプリメントなどを利用し、内側からコエンザイムQ10の働きを利用することも大切ですが、紫外線や外部からの刺激にも弱くなっているお肌に、外部からも働きかけを行いましょう。
このコエンザイムQ10という成分は、心臓や肝臓などにだけ存在しているのではなく、様々な部分に存在し、お肌にも多数存在しています。
外部からの刺激を受ける表皮部分にもこの成分が存在していますので、ケア商品を利用し、表皮へも働きかけを行っていきましょう。

2004年からはケア商品への利用も認められ、現在では多数のコエンザイムQ10化粧品やケア商品が販売されています
肌の細胞に働きかけ、肌の新陳代謝を正常化するという働きを持っていますので、美しくみずみずしい肌への改善、また予防も可能です。
アンチエイジング世代にこそ、内外からコエンザイムQ10を活用していきましょう。