生成

コエンザイムQ10は体内でも生成

コエンザイムQ10は心臓のお薬として利用され、現代ではサプリメントなど健康食品として健康や美容のために利用されています。
強力な抗酸化作用とエネルギー産生の力があり、この成分が生きていくために必要不可欠なものであることも知られています。

ただこのコエンザイムQ10という成分は体内でも合成することができる成分です。
チロシンというアミノ酸を利用し、糖代謝が行われる際の中間物質となるアセチルCoAによって体内で合成できます。
問題はこの合成が、20歳をピークに減少してしまうという点、さらに年齢を重ねれば重ねるほど、必要量が増加するという点です。

20歳をピークにだんだんと合成力が低下し、作られにくくなっていきます。
40代では約30%も合成量が減少するといいますので、食品類からの摂取だけではなかなか必要量に届きません。
そこで、コエンザイムのサプリメントなどから補給することが必要となるのです。

年齢を重ねていくと疲れやすくなり肌などにも老化が見えてきます
コエンザイムQ10が減少し、エネルギー産生の働きのうち、コエンザイムQ10が担っている電子伝達系での電子受け渡しが滞り、エネルギー産生が少なくなっていくため、疲労しやすくなります。
年齢と共に過剰に分泌されやすくなる活性酸素も、この成分が少なくなってしまうため除去する能力が低下し、細胞を参加させ傷つけ、肌にも老化現象として現れてしまうのです。
体内で合成される分だけでは足りなくなるということをよく理解し、食品やサプリメントなどからしっかり補っていくことが必要となるのです。
いくら健康に良いからといっても過剰摂取はしないようにしましょう。コエンザイムの一日の摂取量についても合わせてご覧ください。