イソフラボン配合のコエンザイムQ10

「イソフラボン」とは?

イソフラボンは大豆や葛などのマメ科に多く含まれているフラボノイドの一種です。
女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があることから、エストロゲンが減少することによって生じる不調を緩和すると期待されています。
また、イソフラボンにはエストロゲンの分泌量を抑える抗エストロゲン作用も期待されています。
では、イソフラボンにはどのような働きがあるのでしょうか?

イソフラボンの働き

更年期症状の予防・緩和

加齢やストレス、生活習慣の乱れなどによって女性ホルモンの分泌が減ります。
とくに閉経前後の40代あたりから女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に減ります。
これにより、ホルモンバランスが乱れ更年期障害を発症します。
更年期障害の症状には、動悸や息切れ、めまい、肩こり、耳鳴り、頭痛、手足のむくみやしびれ、倦怠感、不安感、イライラなどがあります。
イソフラボンはエストロゲンと似た作用を持っていますので、積極的に摂ることで乱れたホルモンバランスを整えるように促し、更年期症状を予防・緩和へと導きます。

PMS(月経前症候群)の緩和

PMSはストレスやホルモンバランスの乱れによってエストロゲンの分泌量が減ったり、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増えることで起こります。
エストロゲンとプロゲステロンがバランスよく分泌されれば問題ないんですが、月経前になるとプロゲステロンの分泌が増えるため、女性ホルモンのバランスが乱れがちになり、PMSが生じます。
イソフラボンにはエストロゲンと似た作用がありますので、イソフラボンを補うことでプロゲステロンとエストロゲンのバランスを整えるように促します。
この働きにより、PMSを緩和へと導きます。

バストアップ作用

バストを構成しているのは乳腺と脂肪です。
バストはほとんどが脂肪でできているのですが、バストに脂肪をつけるためには乳腺を発達させる必要があります。
この乳腺の発達に必要なのがエストロゲンです。
イソフラボンはエストロゲンに似た作用がありますので、乳腺を発達させてバストアップを促すと期待されています。

美肌作用

肌のうるおいやハリ、弾力を保っているのはコラーゲンやヒアルロン酸といったうるおい成分です。
コラーゲンやヒアルロン酸を生成するためにはエストロゲンが欠かせません。
また、エストロゲンには皮脂分泌量を整えたり、メラニンの生成を抑制したり、肌の水分量を維持したりと、美肌に欠かせない働きをいくつも担っています。
イソフラボンにはエストロゲンと似た作用がありますので、エストロゲン作用をサポートすることで、美肌へと導きます。

血流改善

イソフラボンには血中のコレステロールを減らして血液をサラサラにする働きがあります。
血液がサラサラになると血流も良くなりますので、血液循環が良くなります。
体の血液循環が良くなると、冷え性やむくみ、腰痛、肩こりなども緩和されます。

脂肪燃焼作用

女性ホルモンであるエストロゲンには、中性脂肪を減らしたり、満腹中枢を刺激して食欲を抑えたり、血中コレステロール値を減少させたりする働きがあります。
更年期を過ぎて太りやすくなる理由は基礎代謝が下がるだけでなく、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に減少するからです。
イソフラボンにはエストロゲンと似た作用がありますので、エストロゲン作用を促すことで脂肪燃焼効果を高めます。

骨粗しょう症予防

更年期を過ぎると骨密度が低下して骨粗しょう症のリスクが上がります。
その理由は女性ホルモンのエストロゲンが減少することにあります。
というのも、エストロゲンには骨からカルシウムが溶け出すのを食い止める働きがあるのです。
イソフラボンは、エストロゲンと似た作用を持っていることから骨粗しょう症の予防が期待されています。

イソフラボン配合のコエンザイムQ10

コエンザイムQ10には組み合わせることで相互作用を発揮する相性の良い成分があります。
その一つがイソフラボンです。
ではなぜイソフラボンとコエンザイムQ10は相性が良いのでしょうか?

PMS、更年期症状の予防・緩和効果

コエンザイムQ10にはエネルギー生産効率を高めることで細胞を活性化し、代謝を高める働きがあります。
代謝が上がると新陳代謝も上がります。
新陳代謝が上がることで自律神経の乱れを予防し、自律神経のバランスも整いやすくなります。
自律神経とホルモンバランスは無関係のように思えますが、自律神経とホルモンバランスを司る器官は同じ脳の視床下部という場所なので、どちらか一方に不具合が生じるともう一方にも影響を及ぼします。
つまり、自律神経を整えることはホルモンバランスの乱れを整えることにも繋がるのです。
乱れたホルモンバランスが整うと、更年期症状やPMSも緩和します。
このようにコエンザイムQ10は間接的に更年期症状やPMSの緩和を導くのです。
イソフラボンはエストロゲンと似た作用を持っていますので、積極的に摂ることで乱れたホルモンバランスを整えるように促します。
コエンザイムQ10とイソフラボンを一緒に摂ることで、より優れたPMS緩和効果、更年期症状の予防・緩和効果が期待できます。

血流改善効果

コエンザイムQ10はエネルギー生産効率を高めることで細胞を活性化し、代謝を高めます。
代謝が上がると血流も良くなりますので、血液循環が良くなります。
血液循環が良くなると、新陳代謝も活発になりますので、末端まで血液が行き渡るようになり、冷え性やむくみの予防・改善に繋がります。
また、血液循環が良くなって体が温まると筋肉の緊張も解れますので、肩こりや首こり、腰痛などの緩和にも効果的です。
イソフラボンにも血中のコレステロールを減らして血液をサラサラにする働きがあります。
血液がサラサラになると血流も促進されて血液循環が良くなりますので、コエンザイムQ10と一緒に摂ることで血液循環をより促します。
さらに、血流が良くなると全身の細胞に酸素や栄養が行き渡りますのでバストアップにも効果的です。イソフラボンには、バストに脂肪をつけるために欠かせない乳腺を発達させるエストロゲンと似た作用がありますので、より高いバストアップ効果が期待できます。

美肌効果

コエンザイムQ10はエネルギー生産効率を高めることで細胞を活性化し、代謝を高めます。
代謝が上がると新陳代謝も活発になりますので、肌のターンオーバーも正常化します。
肌のターンオーバーが正常に行われることで、古い角質がしっかりと排出され、肌の生まれ変わりがスムーズになります。
肌の生まれ変わりがスムーズになることで、シミやそばかす、くすみなどを予防します。
また、ターンオーバーが正常に行われることで、肌のバリア機能も保たれます。
肌のバリア機能が正常に保たれていると、細菌やウイルス、刺激などに対する抵抗力も維持されますので、肌乾燥を防ぎ、ニキビや肌荒れなどの予防にも繋がります。
正常なターンオーバーが繰り返されることで、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を排出しやすくします。
さらに、コエンザイムQ10には強い抗酸化作用があります。
活性酸素はシミやそばかすをつくるメラニン色素の分泌を活発にするだけでなく、肌のうるおい成分であるヒアルロン酸やエラスチン、コラーゲンなどを破壊してしまいます。
コエンザイムQ10の抗酸化作用によって活性酸素の増加を防ぐことは、シミやそばかすの増加を予防するだけでなく、肌のハリ、ツヤ、うるおいも守ります。
イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があります。
エストロゲンは肌のうるおい成分であるコラーゲンやヒアルロン酸を生成するだけでなく皮脂の分泌量を整えたり肌の水分量を維持したりと、美肌に欠かせない働きをいくつも担っています。
イソフラボンにはエストロゲンと似た作用がありますので、エストロゲン作用をサポートすることで、美肌を導きます。
コエンザイムQ10とイソフラボンを一緒に摂ることで、より強力な美肌効果が期待できます。

脂肪燃焼効果

コエンザイムQ10はエネルギー生産効率を高めることで細胞を活性化し、代謝を上げます。代謝が上がると脂肪燃焼効果も高くなります。
また、筋肉中のコエンザイムQ10濃度が上がると筋肉細胞が活性化し、筋力がつきやすくなります。筋力が上がると基礎代謝も高くなりますので、脂肪燃焼効果が高まります。
コエンザイムQ10のこれらの働きにより、脂肪の蓄積を防ぐだけでなく、脂肪を燃やします。
イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があります。
エストロゲンには中性脂肪を減らしたり、満腹中枢を刺激して食欲を抑えたり、血中コレステロール値を減少させたりすることで脂肪の蓄積を防ぎダイエットを促進する働きがあります。
イソフラボンとコエンザイムQ10を一緒に摂ることで、脂肪燃焼効果を高めます。

このように、イソフラボンとコエンザイムQ10は組み合わせることでそれぞれが持つ効果をより高めると期待されています。
PMSに悩まされている方、更年期症状を緩和したい方、血流が悪い方、肩こりや腰痛に悩まされている方、美しい肌を目指している方、脂肪を燃やしたい方、バストアップを目指している方はイソフラボン配合のコエンザイムQ10の摂取がおすすめですよ。

あなたにオススメのコラムRecommend