コエンザイムQ10の酸化型とは?

コエンザイムQ10の酸化型とは?

酸化型コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10は別名「ユビキノン」とも呼ばれており、細胞の中にあるミトコンドリアに存在しています。
コエンザイムQ10は生命維持活動に必要なエネルギーを作り出していますので、加齢や生活習慣の乱れなどによって不足するとエネルギー生産が低下します。
すると、肌老化が早くなったり、疲れやすくなったり、免疫力が低下したりと様々な不調を引き起こします。
コエンザイムQ10不足を食い止めるためには、生活習慣を整えるだけでなく体の内側からコエンザイムQ10を補給することが大切です。

コエンザイムQ10を補給する最もポピュラーな方法がサプリメントです。
コエンザイムQ10のサプリメントには「酸化型コエンザイムQ10」と「還元型コエンザイムQ10」の2種類あります。
酸化型コエンザイムQ10は小腸から吸収される過程で還元型に変換されることで初めてコエンザイムQ10としての作用を発揮します。
還元型コエンザイムQ10と比べて安価ですが、即効性がなく、摂取しても還元型に変換されるのは一部だけというデメリットもあります。
20~30代のうちは体内で還元型に変換する力が強いのですが、40代になると酸化型を摂取しても還元型に変換させる力が弱くなりますので、酸化型コエンザイムQ10を摂取しても思うような効果が得られません。

コエンザイムQ10は還元型がおすすめ

これまでコエンザイムQ10のサプリメントで使われてきた種類の多くは酸化型コエンザイムQ10でした。
しかし、上記でも述べたようにサプリメントで酸化型コエンザイムQ10を摂取した場合は還元型コエンザイムQ10へと変換しなければコエンザイムQ10としての作用は発揮されません。
酸化型コエンザイムQ10から還元型コエンザイムQ10へ変換するためには多くのエネルギーが必要となりますので、酸化型コエンザイムQ10を摂取しても摂取した全てが還元型コエンザイムQ10に変換されるわけではありません。
そんなコエンザイムQ10のデメリットを解消するために作られたのが体内で還元型に変換する手間のいらない還元型コエンザイムQ10のサプリメントなのです。

体内で還元型に変換されなければ意味がないのなら初めから還元型コエンザイムQ10のサプリメントを作れば良かったのでは?
とも思いますが、初めから還元型のコエンザイムQ10のサプリメントをつくるには、技術的にもコスト的にも難易度が非常に高かったそうです。
それが近年、株式会社カネカが世界で初めて還元型コエンザイムQ10を作り出すことに成功しました。
それ以降は還元型コエンザイムQ10のサプリメントが市場でも出回るようになりました。

コエンザイムQ10は人の体内にも存在していますが体内に存在するコエンザイムQ10のほとんどが還元型コエンザイムQ10ですので、酸化型よりも体内への吸収が早く、作用を発揮するまでの時間も早いです。
酸化型コエンザイムQ10を摂っても意味がないとはいいませんが、酸化型から還元型へ変換する力は年齢とともに低下していきます。
さらに、ストレスの蓄積や疲労、生活習慣の乱れなど様々な要因によって還元型へ変換される力は弱くなっていきますので、とくに40代以降からコエンザイムQ10を摂り始める方は還元型コエンザイムQ10を摂った方が良いでしょう。

コエンザイムQ10には疲労回復、美肌、ダイエット、心機能の向上、生活習慣病の予防・改善など、健康面にも美容面にも良い効果が期待されています。
より効果実感を高めるためには、還元型コエンザイムQ10を摂ることをおすすめします。

あなたにオススメのコラムRecommend