コエンザイムQ10の還元型はどんな人に向いている?

コエンザイムQ10の還元型はどんな人に向いている?

還元型コエンザイムQ10が向いている人

コエンザイムQ10はエネルギー源を作り出すサポートをしていますので、体内で不足すると、疲労を感じやすくなったり肌老化が進行したり、太りやすくなったり心機能が低下したり、生活習慣病のリスクが高くなったりと様々な弊害を引き起こします。
人の健康を維持するために欠かせないコエンザイムQ10ですが、20代をピークに体内のコエンザイムQ10量は減少していきます。
さらに、生活習慣の乱れやストレスの蓄積などの要因が重なることによって、体内のコエンザイムQ10はどんどん減少していきます。
いつまでも健康で若々しく過ごすためには、失われていくコエンザイムQ10を補給することが大切です。

コエンザイムQ10を補給するためにおすすめなのがサプリメントでの摂取です。
コエンザイムQ10のサプリメントには「酸化型コエンザイムQ10」と「還元型コエンザイムQ10」があります。
酸化型コエンザイムQ10は摂取した後、体内で還元型に変換されることでコエンザイムQ10としての力を発揮します。
一方の還元型コエンザイムQ10は、すでに還元型に変換された状態ですので、摂取した後すぐに吸収されてコエンザイムQ10としての力を発揮します。
20~30代のうちは還元力が強いので酸化型コエンザイムQ10を摂っても還元型に変換されるのですが、40代を過ぎると還元力が弱くなり、酸化型コエンザイムQ10を摂っても還元型に変換されるまで時間がかかり、結局体に吸収されないまま排出されてしまうことも少なくありません。
還元型コエンザイムQ10は身体への吸収が早く、酸化型コエンザイムQ10よりも即効性が高い特徴がありますので、40代以降の方でも効果実感を得やすいといえます。
ですから、中高年の方がコエンザイムQ10を始める場合、還元型コエンザイムQ10の方が向いているといえるでしょう。
また、20~30代の方でも、酸化型コエンザイムQ10を摂って思うような効果実感を得られなかった場合、還元型コエンザイムQ10を試してみるのが良いでしょう。

還元型コエンザイムQ10が更年期症状を緩和

コエンザイムQ10には細胞内でエネルギー生成を助ける働きがあります。
コエンザイムQ10の働きによって様々な臓器や各器官を活性化させるサポートをしています。
そんなコエンザイムQ10ですが、20代を過ぎると少しずつ減少していき40代になると急激に減少していくことがわかっています。
実は、コエンザイムQ10の減少が更年期の不快症状に関わっているのでは?
と考えられています。
更年期を過ぎると現れる不快症状の要因は性ホルモンの分泌量の減少といわれています。
更年期症状は個人差がありますが代表的な症状に、ほてり、冷え、むくみ、肩こり、頭痛、めまい、疲労感、動悸、息切れ、イライラ、不安感、うつ、不眠などがあります。
コエンザイムQ10には、体内の活性酸素の増加を抑制する抗酸化作用だけでなく、新陳代謝を促す作用、心機能を高める作用、免疫系の働きをサポートする作用などがあります。
コエンザイムQ10の体内量が減少することによって、これらの働きも低下しますので、更年期症状を進行させている要因の一つと考えられているのです。
だとすれば、更年期症状を緩和するためにはコエンザイムQ10を補給することが有効だといえます。
さらに、コエンザイムQ10には更年期症状を緩和する様々な作用があります。

血流改善

コエンザイムQ10には新陳代謝を促す作用があります。
代謝が促進されると、血流が良くなります。
血流が良くなると体の冷えが改善されるだけでなく、むくみや疲労感、肩こり頭痛などが緩和されやすくなります。
また、コエンザイムQ10はもともと心臓病の治療薬として使用されてきましたので心機能を高めることで動悸や息切れなどの緩和にも役立ちます。

自律神経を整える

コエンザイムQ10は神経細胞にも働きかける作用を持っています。
コエンザイムQ10を補給して神経細胞が活性化されることで、更年期によって乱れがちな自律神経を整える作用も期待されています。
自律神経が整うと心が安定するだけでなく、不眠の解消にも繋がりますので、心身の回復を促します。

疲労回復

コエンザイムQ10はエネルギー生産をサポートしますので、補給することで疲労を回復しやすい体をつくります。
エネルギー産生を活発にすることで疲労を蓄積させないだけでなく、食事から摂取したエネルギー源をエネルギーとして使うことで脂肪として蓄えないようにします。

骨粗しょう症予防

更年期を過ぎると骨粗しょう症のリスクが高くなります。
とくに女性は妊娠、出産などの経験により男性よりも骨粗しょう症のリスクが高くなります。
骨粗しょう症になると骨がもろくなり骨折などをしやすくなります。
骨粗しょう症を予防するためにはカルシウムを摂って骨を強くするだけでなく、コエンザイムQ10を摂ることも重要です。
というのも、骨と骨の隙間にはコラーゲンが埋まっています。
このコラーゲンの生成には、コエンザイムQ10が必要なので、カルシウムだけでなくコエンザイムQ10を摂取することで結果的に骨粗しょう症の予防・解消に繋がるのです。

40代以降からコエンザイムQ10を始める方は、還元型コエンザイムQ10を摂取することがおすすめです。
しかし、還元型は酸化型よりもコストがかかっていますので、その分販売価格も比較的高く設定されていますから、まずは手頃な酸化型から始めて還元型へ移行するというのも良いでしょう。
自分の体がより効果実感を得られるコエンザイムQ10を選んで下さいね。

あなたにオススメのコラムRecommend