すっぽんのサプリメントを摂取するタイミングは?

すっぽんのサプリメントの摂取に最適な時間はあるの?

疲労回復や健康維持、美容、精力増進の効果を狙ってすっぽんのサプリメントを愛用している方も多いと思います。
サプリメントは食後や気が付いた時などにすぐに簡単に飲めるので、摂取が容易な健康食品です。
通常、医薬品として服用する薬は、効果を高めるために処方箋に従い飲む時間が決まっています。
果たして、すっぽんのサプリメントの効果を高める摂取のタイミングはあるのでしょうか?
今回は、すっぽんのサプリメントの効果を高めるタイミングについてお話します。

すっぽんのサプリメントは睡眠前に摂取

結論から先に言うと、すっぽんの効果を最も高める摂取のタイミングは、睡眠前の1~2時間前です。
すっぽんの栄養素の中には、睡眠や睡眠時間中に効果を発揮する成分が少なくありません。
また、体内にあまり長く留まらず、尿と共に排泄されてしまう栄養素もあります。
そのため、睡眠と体内へのすっぽんの栄養素の吸収のタイミングを見計らって摂取するのが最適です。

すっぽんの栄養素は油に溶ける脂溶性の栄養素が多いため、通常ゼラチンのカプセルの中に食用油を入れ、そこにすっぽんの栄養素を溶かし込んでいます。
そして、胃を通過し小腸で溶け、体内に吸収される仕組みになっています。
通常、胃に何も無い状態であれば1~2時間後には小腸に到達するので、睡眠前の1~2時間前が摂取のタイミングになります。

睡眠の役割

睡眠は体や脳に休息を与え、疲労を回復する生理現象です。
睡眠期間中は他にも新陳代謝※1や傷の修復、記憶の形成など、生体を維持するために体内では様々なことが行われています。
不眠症などで質の良い睡眠が損なわれると、疲労が回復しないばかりか、体の機能の維持もできなくなり、体の各所に不具合が生じてしまいます。

※1 新陳代謝とは、古い細胞を分解し、細胞分裂で新しい細胞に入れ替えることで、組織の機能を保つ生理現象のこと。

睡眠中に作用するすっぽんの栄養素

すっぽんは、睡眠期間中に効果を発揮する栄養素が多くあります。
そのため、睡眠の1~2時間前を目安に摂取すると吸収した栄養素を損なわず、最大限に利用が可能になります。
すっぽんのどのような栄養素が睡眠中に体に作用するのか、詳しく見てみましょう。

アルギニンで睡眠中の新陳代謝を促進

新陳代謝に必要な成長ホルモンはノンレム睡眠時に分泌される

私たちの体の機能を維持する新陳代謝や、傷の修復は睡眠期間中に活発に行われます。
新陳代謝や傷の修復には成長ホルモンの分泌が必要不可欠で、成長ホルモンは睡眠期間中の、しかもノンレム睡眠の期間中に最も多く分泌されます。
ノンレム睡眠は入眠後2~3時間後に訪れるので、睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌が不足し、新陳代謝が低下して健康が損なわれます。

アルギニンが成長ホルモンの分泌を促す

すっぽんが豊富に含有するアルギニンは、遊離アミノ酸※2として作用すると、脳下垂体を刺激し成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。
成長ホルモンは生涯に渡り分泌されますが、加齢と共に分泌量が低下するので睡眠中の新陳代謝もそれと共に低下し、体の機能が劣化し老化していきます。
そのため、アルギニンで成長ホルモンの分泌を促進するのが効果的です。

※2 遊離アミノ酸とは、他のアミノ酸と結合せず、単独で体の機能に作用するアミノ酸のこと。

すっぽんはアルギニンを豊富に含有しています。睡眠前に摂取すると睡眠中の成長ホルモンの分泌を促進し、新陳代謝を高められ、若々しい体を維持するサポートになります。

成分含有量

すっぽんは100gあたり1,036mgのアルギニンを含有しています。

ビタミンB群で脂肪を燃焼

睡眠が不足すると肥満になりやすくなる

一説では私たちの体は60兆個もの細胞が存在し、新陳代謝で3000億個もの細胞が毎日入れ替わっていると言われています。
そのため、新陳代謝には膨大なエネルギーが必要です。
睡眠中は、まず血中の糖質をエネルギーに代謝※3して消費しますが、睡眠中は食物の摂取ができないために体内に溜め込んだ脂肪をエネルギーに代謝して消費します。
つまり、睡眠が不足すると脂肪の燃焼が行われず、肥満になりやすくなります。

※3 代謝とは、ある物質を体内の化学反応で、別の性質の物質に変えること。

睡眠中のエネルギーの生産に補酵素として使用されるのが、すっぽんに豊富なビタミンB群で、その中でも脂肪の燃焼に使用されるのは主にビタミンB2とナイアシンです。
ビタミンB2は主に脂質をエネルギーに代謝します。ナイアシンは糖質、脂質、たんぱく質の三大栄養素を代謝しエネルギー生産の6割に関与する栄養素です。

すっぽんでビタミンB群を摂取すると、新陳代謝に必要なエネルギー生産が活発になり、尚且つ脂肪の燃焼も促進するので肥満の解消につながります。

成分含有量

すっぽん100gあたりビタミンB2を0.41mg、ナイアシンを3mg含有し、これは成人男子が1日に必要な摂取基準のそれぞれ31.5%、20%に相当します。

ビタミンB群は体内に溜められない

ビタミンB群は水溶性ビタミンで、体内に留まる時間はせいぜい6~8時間程度でしかありません。
また、その都度体に必要な量しか使用されず、余ったビタミンB群は尿と共に排泄されます。
朝起きて最初の尿が濃い黄色なのは、使われずに排泄されたビタミンB群の色です。
そのため、消費量が最も多くなる睡眠時間を見計らって、睡眠時間の1~2時間前に摂取するのが効果的です。

睡眠に効果を発揮するすっぽんの栄養素

すっぽんのサプリメントを愛用している方の中には、不眠に悩む方も多いと思います。
睡眠前を見計らってすっぽんのサプリメントを摂取しても、眠れなければ効果が減少します。
すっぽんは入眠を促す非必須アミノ酸のグリシンと、不眠を改善するビタミンB12を多く含有しています。

グリシンの効果

グリシンは入眠の際に深部体温を下げ、入眠を促す作用があります。
また、睡眠中は脳がまだ覚醒しているレム睡眠と、脳が休息しているノンレム睡眠があり、新陳代謝を促進する成長ホルモンの分泌はノンレム睡眠の時に最も多く分泌されます。
グリシンは、ノンレム睡眠の時間を長くする作用があるため、睡眠中に分泌される成長ホルモンの量が増え、新陳代謝の効果を高めます。

成分含有量

すっぽんはグリシンを、100gあたり1,523mg含有しています。

ビタミンB12の効果

ビタミンB12は別名「神経のビタミン」と呼ばれ、神経を落ち着かせる作用があります。
そのため、神経が昂って眠れない場合などに効果を発揮します。
また、ビタミンB12は体内時計を整える働きがあります。

体内時計が狂うと不眠になりやすくなる

1日は24時間ですが、体内時計は25時間で1時間の時差があります。
人は太陽の光を浴びると体内時計がリセットされる仕組みがあり、太陽の光を浴びる機会が少ない生活をしていると体内時計が狂い、自律神経が乱れ不眠になりやすくなります。

ビタミンB12は、光の感受性を高める作用があるため、生活習慣の乱れで狂った体内時計をリセットする作用があります。
そのため睡眠前に摂取すると、朝起きた際に体内時計のリセットがスムーズに行われ、自律神経の乱れで生じた不眠症を改善できます。

成分含有量

すっぽんはビタミンB12を100gあたり1.2μg含有し、これは成人男子が1日に必要な摂取基準の60%に相当します。

まとめ

すっぽんのサプリメントの効果を最も高める摂取のタイミングは、睡眠前の1~2時間前です。
すっぽんは、睡眠時間中に行われる新陳代謝に必要な成長ホルモンの分泌を促進するアルギニンや、そのエネルギーを供給するビタミンB群が豊富です。
ビタミンB群は体内に長く留めることができないため、睡眠前に摂取すると体に必要な分だけがその間に消費されるので、摂取した栄養素を無駄にしません。

また、すっぽんのグリシンは入眠効果や、成長ホルモンの分泌が多いノンレム睡眠の時間を増やす効果があり、ビタミンB12は朝起きた際に体内時計をリセットします。
すっぽんのサプリメントは手軽に摂取ができるので、睡眠前に摂取すると健康維持の効果を高められます。

あなたにオススメのコラムRecommend