すっぽんで抜け毛対策

すっぽんで抜け毛を予防できる

年を取ると男性はもとより、女性でも抜け毛が気になる方が増えてきます。
直接健康と関係ないといえども、やはり恥ずかしい気持ちになるので、できれば抜け毛は避けたいものです。
滋養強壮や健康増進に効果があり、古くからスタミナ食として愛用されているすっぽんは、抜け毛対策に有効な健康食品です。
今回は、すっぽんでなぜ抜け毛対策になるのかをお話します。

すっぽんの栄養素

すっぽんはコラーゲンが豊富な食品として知られ、すっぽん鍋を食べた後はお肌がプルプルになる実感をした方も多いと思います。
実際にすっぽんは他の亀とは異なり、肉や皮にコラーゲンが豊富な上、甲羅もほとんどがコラーゲンでできているので食べることができます。
また、すっぽんは各種アミノ酸が豊富で、さらにビタミンB群をはじめとした各種ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸などを多く含有しています すっぽんのどの栄養素が抜け毛対策になるのか、詳しく見てみましょう。

すっぽんのコラーゲンで抜け毛防止

コラーゲンで真皮が健康になると抜け毛が減る

人の皮膚の真皮の70%は、コラーゲンでできています。
人の毛根も真皮から生えているので、体内でコラーゲンの合成が増えると、真皮の弾力性や柔軟性が増し、保湿性も高まるので毛根を保つ力が強くなり、毛が抜けにくくなります。
逆に真皮にコラーゲンが少ないと、皮膚が硬くなって毛根を押さえる力が弱まるので、毛髪が抜けやすくなります。

すっぽんはコラーゲンが豊富

すっぽんはコラーゲンが豊富な食品で、しかも肉にもコラーゲンの原料となる各種アミノ酸が豊富です。
コラーゲンを摂取しても一旦消化されてアミノ酸に分解されてから、体内に吸収されます。
そして、それらのアミノ酸は必要に応じて体内で必要なたんぱく質や酵素として合成されるので、摂取したコラーゲンの全てがコラーゲンに再合成されるわけではありません。
しかし、コラーゲンを摂取すると、体内でコラーゲンを生産する栄養素が全て揃うので、再合成される確率が高まり、真皮が丈夫になって抜け毛を予防できます。

コラーゲンで毛が太くなる

コラーゲンは毛根を包んでいる毛包を大きくする作用があり、毛包が大きいほど毛乳頭が大きくなり、毛も太くなります。
また、コラーゲンは毛を作る際に必要なアミノ酸も豊富なので、毛髪を太くたくましくして抜け毛を予防します。

アルギニンが成長ホルモンの分泌を促す

毛髪の成長には成長ホルモンが必要

毛髪を成長させるには、たんぱく質の合成を促す成長ホルモンの分泌が必要です。
成長ホルモンは新陳代謝※1や傷の修復に必要なので生涯に渡り分泌されますが、加齢と共に分泌量が減少していきます。
加齢で抜け毛が増えるのは、成長ホルモンの分泌低下も関係しているからです。
※1 新陳代謝とは、古い細胞を分解し、細胞分裂で新しい細胞に入れ替えることで、組織の機能を保つ生理現象のこと。

コラーゲンの成分の一つである非必須アミノ酸のアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促す作用があるので、毛髪の成長を活性化し、抜け毛が減少します。

すっぽんの亜鉛で抜け毛予防

亜鉛で毛の成長を促す

亜鉛不足は抜け毛を進行させる

どんなにコラーゲンを摂取しても、亜鉛が無ければ真皮のコラーゲンの合成も毛髪の成長も行われません。
亜鉛はたんぱく質の合成や細胞分裂に必要なミネラルで、真皮のコラーゲンの生成や毛髪の成長に深く関与しています。 亜鉛は日本人の食生活で不足しがちで、尚且つ体への吸収が非常に悪く、亜鉛不足は抜け毛を進行させます。

すっぽんで亜鉛を補うと、真皮のコラーゲンの生成や毛髪の成長が促進し、抜け毛が減ります。

成分含有量

すっぽんは亜鉛が豊富で、100gあたり1.6mg含有し、これは成人男子が1日に必要な摂取基準の16%に相当します。

亜鉛はAGAの抜け毛も予防する

AGAの原因になる5αリダクターゼⅡ

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンより活性が強いジビドロテストステロンが原因で発生します。
毛乳頭には5αリダクターゼⅡという酵素があり、男性ホルモンのテストステロンを、悪玉男性ホルモンと呼ばれるジビドロテストステロンに変えてしまいます。
ジビドロテストステロンは成長途中の毛の育成を止め、そのまま毛が抜けてしまいます。

亜鉛は、毛乳頭にある5αリダクターゼⅡの作用を抑制する作用があります。
亜鉛が豊富なすっぽんを摂取すると5αリダクターゼⅡによるジビドロテストステロンの生成が抑制されるので、AGAの抜け毛を予防できます。

すっぽんで血流を促進し抜け毛防止

血行不良は抜け毛を招く

血行が悪くなると、抜け毛が増えます 毛の成長を促す毛母細胞は毛細血管と繋がっており、毛の育成に必要な栄養を取り込みます。
しかし、血液がドロドロになり毛細血管まで血液が流れ込まなくなると、毛母細胞に栄養が届かなくなるので毛の成長力が弱まり、細くなってやがて抜けてしまいます。

血液がドロドロになるのは、血液中に中性脂肪や悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールが増えるからです。
中性脂肪やLDLコレステロールは肝臓で脂質を原料に生産され、肝臓に蓄積された脂肪が多くなるとその分泌が増え、ドロドロの血液になります。
肝臓に脂肪が蓄積するのは、三大栄養素の糖質、脂質、たんぱく質が、過食や肝機能の低下によりエネルギーとして消費されないために起こります。

すっぽんのビタミンB群で中性脂肪やLDLコレステロールを減らす

三大栄養素を肝臓でエネルギーに代謝する際に補酵素として作用するのが、ビタミンB群です。
すっぽんはビタミンB群が豊富で、すっぽんを摂取すると肝臓のエネルギー生産力が向上し、肝臓に蓄積した脂肪を減らします。
すっぽんは主に糖質を代謝するビタミンB1、主に脂質を代謝するビタミンB2、三大栄養素を代謝し体内のエネルギー生産の6割に関与するナイアシンを多く含有します。

すっぽんのビタミンEやEPA・DHAで血行促進

すっぽんに豊富な脂溶性の抗酸化物質であるビタミンEは、中性脂肪やLDLコレステロールが毛細血管に付着して血栓を作ることを抑制する作用があります。
さらに、すっぽんは不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)も多く含有しています。
血中に不飽和脂肪酸が増えると、中性脂肪やLDLコレステロールが減少し、血液がサラサラになります。

すっぽんのこれらの栄養素が血行を促進し、毛母細胞まで毛の成長に必要な栄養素を送り届けられるようになるので、抜け毛が減ります。

すっぽんのアルギニンで血行促進

すっぽんが豊富に含有するアルギニンは、血行を促進する作用があります。
アルギニンは血管を拡張させる際に必要な一酸化窒素を生産する材料でもあり、血中のアルギニン濃度が増えると血管が拡張して血流が良くなるので、抜け毛が減少します。

まとめ

抜け毛は真皮のコラーゲン不足、成長ホルモンの分泌の低下、ジビドロテストステロン、血行不良など、様々な要因で発生します。
すっぽんはコラーゲンが豊富なので真皮の健康を保ち、毛髪を太くするので抜け毛を予防できます。

また、亜鉛は毛髪の成長を活性化し、ジビドロテストステロンを作る5αリダクターゼⅡの活性を抑制して抜け毛を減らします。
さらにアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進し、血管拡張作用で血流も増進します。
加えてビタミンB群、ビタミンE、EPA・DHAが血液をサラサラにするので、毛母細胞に毛髪の成長に必要な栄養を行き渡らせられるので抜け毛が減少します。

すっぽんは様々な栄養素の相乗効果で抜け毛が予防できるので、非常に効率的な食品です。
抜け毛が気になりだしたら、手軽に続けられるすっぽんのサプリメントを上手に活用し、丈夫な髪ができるように体質を改善することをお勧めします。

あなたにオススメのコラムRecommend