すっぽんのアミノ酸の効果

すっぽんはアミノ酸が豊富

すっぽんは高たんぱく低カロリーのヘルシーな食品と知られて、美容や健康効果、或いは精力増進にすっぽんを摂取する方も多いと思います。
私たちは糖質、脂質、たんぱく質を摂取して体の健康を維持し、たんぱく質は消化されるとアミノ酸に分解されて体内に吸収されます。
ところで、すっぽんのたんぱく質は私たちの体にアミノ酸として吸収されると、どのような健康効果をもたらすのでしょうか?
今回は、すっぽんのアミノ酸についてお話します。

すっぽんのたんぱく質の含有量

すっぽんは動物性の食品なのでたんぱく質が豊富で、100gあたり16.4g含有しています。
私たちが食事で気にするカロリーは、体内でエネルギーとして消費される糖質、脂質、たんぱく質の量で決まり、すっぽんは脂質を13.4g、炭水化物は0.5g含有しています。
すっぽん100gあたりのカロリーは197kalなので、とてもヘルシーな食材です。

一方、すっぽんはたんぱく質以外に、肥満の原因となる脂質も多いのが気になります。
しかし、すっぽんの脂質は体の健康維持に必要な必須脂肪酸のω-3系脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)、α-リノレン酸が豊富です これらの脂肪酸は体内に蓄積した脂肪を燃焼したり、動脈硬化の原因となる血中の中性脂肪や悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールを減らしたりする効果があります。すっぽんの脂質は、むしろ健康に良いのです。

すっぽんのアミノ酸

すっぽんのたんぱく質は体内で消化されると、アミノ酸に分解されます。
私たちの体を構成するたんぱく質は、20種類のアミノ酸を結合して生産されます。
アミノ酸は体内で生産できないため摂取が必要な9種類の必須アミノ酸と、必須アミノ酸を基に体内で生産が可能な11種類の非必須アミノ酸に大別されます。
すっぽんは20種類のアミノ酸のうち18種類を含有し、摂取が必要な9種類の必須アミノ酸は全て含有しています。

すっぽんの必須アミノ酸

すっぽん100g中に含有する必須アミノ酸は、以下の表の通りです。

バリン 742mg
ロイシン 1043mg
イソロイシン 546mg
トリプトファン 0.08mg
リジン 1163mg
メチオニン 363mg
フェニルアラニン 554mg
トレオニン 651mg
ヒスチジン 381mg

必須アミノ酸を原料に非必須アミノ酸の生産が可能なので、基本的に9種類の必須アミノ酸さえ必要量摂取していれば体の機能は維持できます。
しかし、加齢と共に必須アミノ酸を基に非必須アミノ酸を代謝※1する能力が低下するため、非必須アミノ酸も同時に摂取することが健康維持の鍵となります。

※1 代謝とは、ある物質を体内の化学反応で、別の性質を持つ物質に変えること。

すっぽんの非必須アミノ酸

すっぽんは11種類の非必須アミノ酸のうち、9種類のアミノ酸を含有しています。
すっぽん100gあたりに含有する非必須アミノ酸は、以下の表の通りです。

アスパラギン酸 1.554mg
アラニン 1190mg
アルギニン 1036mg
グリシン 1523mg
グルタミン酸 2466mg
システイン 171mg
セリン 764mg
チロシン 419mg
プロリン 1384mg

すっぽんは非必須アミノ酸のアスパラギンとグルタミンを含有していませんが、体内でアスパラギンはアスパラギン酸から、グルタミンはグルタミン酸から合成できます。
すっぽんはアスパラギン酸やグルタミン酸が豊富なので、必要に応じて11種類のアミノ酸を体内で生産できます。

すっぽんと遊離アミノ酸

すっぽんが含有するアミノ酸は体内に摂取されると、血液で肝臓に運ばれます。
そして、体内に必要なたんぱく質や酵素などに合成されたり、体内でエネルギーが不足するとエネルギーとして代謝されたりします。

一方、アミノ酸の中には単独で体に作用する遊離アミノ酸として機能するものがあり、体の健康維持や疲労回復などに使われます。
すっぽんが滋養強壮や疲労回復に効果があるのは、これらの遊離アミノ酸の影響が大きく貢献しています。
すっぽんのどのアミノ酸が遊離アミノ酸として機能し、どのような効果を発揮するのか簡単に説明します。

ロイシン

必須アミノ酸のロイシンは、血糖値を下げるインスリンの分泌を促進する作用があります。
インスリンの効果で血中の糖質を細胞に取り込み、細胞内のミトコンドリアにあるクエン酸回路でエネルギーの生産を促すことで、疲労回復効果を発揮します。

アルギニン

非必須アミノ酸のアルギニンは、傷の修復や新陳代謝※2に必要な成長ホルモンの分泌を促す作用があります。
成長ホルモンは加齢と共に分泌量が減少するので、アルギニンを摂取すると若々しい肉体を維持できます。
また、体内に発生した疲労の原因となる有害なアンモニアを、肝臓の尿素回路で無害化する際にも必要不可欠な成分です。
さらに、男性が勃起する際に陰茎に血管を広げ血液を流入させるために必要な一酸化窒素の生産にも必要です。

※2 新陳代謝とは、古い細胞を分解し、細胞分裂で新しい細胞に入れ替えることで、組織の機能を維持する生理現象のこと。

アスパラギン酸

非必須アミノ酸のアスパラギン酸は、グルタミン酸と共に舌で感じる旨味成分の一つで、疲労回復効果を発揮するアミノ酸です。
アスパラギン酸は細胞内のクエン酸回路に疲労の原因となる乳酸やエネルギーの糖質、カリウム、マグネシウムなどの栄養素を運び、エネルギー生産を円滑化する作用があります。
また、アルギニンと共にアンモニアを尿素回路で無毒化する際にも必要不可欠な成分です。

グルタミン酸

非必須アミノ酸のグルタミン酸は、舌で感じる旨味成分として知られているアミノ酸です。
グルタミン酸は体内で発生したアンモニアと結合し、血液で肝臓まで運ぶ役割を担います。
また、脳の神経細胞内で神経伝達物質として作用し、脳機能を活性化し、記憶力や学習能力を高める効果があります。

グリシン

非必須アミノ酸のグリシンは、中枢神経内で抑制性の神経伝達物質として作用します。
グリシンは睡眠の質を高める効果があり、入眠の際に体の深部体温を下げ、脳の休息を行うノンレム睡眠の時間を長くする作用があり、不眠を解消できます。

まとめ

すっぽんはたんぱく質が豊富な健康食品で、たんぱく質は消化されアミノ酸に分解されます。
すっぽんは体の機能維持に必要な9種類の必須アミノ酸が全て揃い、尚且つ11種類の非必須アミノ酸のうち9種類のアミノ酸を含有しています。
すっぽんが疲労回復や滋養強壮に効果を発揮するのは、これらのアミノ酸の効果が大きく貢献しています。
特にロイシン、アルギニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、グリシンが遊離アミノ酸として体の各機能に作用し、疲労回復効果を高めます。
すっぽんの豊富なたんぱく質を摂取し、あなたの健康生活にお役立てください。

あなたにオススメのコラムRecommend