コエンザイムQ10とコンドロイチン配合のスキンケア用品

コエンザイムQ10とコンドロイチン配合のスキンケア用品

「コンドロイチン」の美容効果

コンドロイチンといえば、膝関節などを丈夫にする成分というイメージが強いですよね。
コンドロイチンは人の体に存在する成分で、主に骨や軟骨、角膜、皮膚、臓器などに対して保水性や弾力性を与える役割を担っています。

しかし、体内のコンドロイチンは年齢と共に減少していきます。
コンドロイチンは、関節部分に存在する軟骨に多く含まれているのですが、コンドロイチンが減少すると、骨と骨のクッションの役割を持つ軟骨がすり減って、骨同士が直接ぶつかってしまい痛みが生じます。
また、コンドロイチンは骨の主成分であるカルシウムの代謝にも関わっていますので、コンドロイチンが減少すると骨が脆くなりやすく、骨粗しょう症のリスクが高まります。
さらに、コンドロイチンは血中のコレステロールや過酸化脂質を除去する働きもあるため、減少すると高血圧や高血糖のリスクが上がります。
このように、コンドロイチンは様々な部分で人の健康を維持している成分なのですが、実は健康だけでなく美容にも重要な働きを担っているのです。

コンドロイチンは栄養素の消化・吸収、代謝活動をサポートする働きもあります。
代謝活動が活性化すると新陳代謝が活発になりますので、肌のターンオーバーも正常化します。
また、コンドロイチンは肌の弾力を保つコラーゲンの隙間に入って、水分を保持したり、肌にハリやツヤをもたらすヒアルロン酸の働きをサポートする働きがあります。
体内で生成されるコンドロイチンが減少すると代謝活動が低下して、肌細胞に酸素や栄養が行き渡りにくくなり、老廃物の排出も遅れてしまいます。
さらにコラーゲンやヒアルロン酸の働きも低下しますので、肌のうるおいや弾力性、ハリ、ツヤが失われ、シワやたるみが目立つようになります。
コンドロイチンは肌だけでなく、爪や髪の毛にも存在しますので、体内でコンドロイチンが減少すると肌だけでなく、髪の毛や爪の美しさも失われるのです。

このように、コンドロイチンは関節や骨などの健康維持だけでなく、肌のうるおいを守り、乾燥を防ぐことで肌老化を抑制する働きも担っています。

エイジングケアはコエンザイムQ10とコンドロイチン配合のスキンケア用品を!

30代以降から美肌を目指すのであれば、コエンザイムQ10とコンドロイチン配合のスキンケア用品がおすすめです。
上記でも述べたように、コンドロイチンは新陳代謝を活発にしたり、肌のうるおい成分を守ったり、乾燥を防いだりすることで肌老化を抑制する働きがあります。
コエンザイムQ10もまた、肌老化の進行を抑制する働きを持っています。

コエンザイムQ10は、体内のエネルギーであるATPをつくるミトコンドリアの働きをサポートすることで、ATPの生産量を増やします。
ATPが活発につくられることで、新陳代謝が活発になり、ターンオーバーが正常化します。
ターンオーバーが正常になると、古い細胞と新しい細胞の入れ替えがスムーズに行われますので、シミやそばかすの排出を促します。
また、ターンオーバーが正常になると、肌のバリア機能も正常に維持できますので、ニキビや肌荒れに強い肌になります。

また、コエンザイムQ10によってエネルギー生産効率が上がると、代謝も上がり、血液循環が良くなります。
血行が良くなると、摂り入れた栄養や酸素が全身の細胞に行き渡るだけでなく、老廃物などの回収もスムーズになりますので、肌の再生や修復が滞ることなく行われます。

さらに、コエンザイムQ10には活性酸素を除去する抗酸化作用もあります。

本来、活性酸素は体内に侵入してきた細菌やウイルスなどを攻撃してくれる役割があるのですが、過剰に発生すると正常な細胞や遺伝子までも傷つけてしまいます。
過剰な活性酸素によって細胞が傷つけられると新陳代謝が滞るだけでなく、肌のうるおいや弾力を維持しているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが破壊します。
うるおい成分が失われた肌は、シワやたるみ、ほうれい線などが出来やすくなります。

さらに、活性酸素が過剰に発生すると、身体は活性酸素から細胞を守るためにメラニン色素を生成します。
メラニン色素は沈着するとシミやそばかすの原因となる物質です。
通常であれば、ターンオーバーによって排出されますが、過剰に発生した活性酸素によって大量のメラニン色素が生成されるとターンオーバーだけでは排出しきれなくなり、シミやそばかすとなって色素沈着してしまいます。
コエンザイムQ10によって活性酸素を除去することは、シミやそばかす、シワやたるみ、ほうれい線などの肌老化を抑制することに繋がるのです。
ほかにも、活性酸素は肌表面に存在する皮脂を酸化させて「過酸化脂質」をつくります。
過酸化脂質はヒアルロン酸を損傷させるだけでなく、毛穴の黒ずみも悪化させます。

コエンザイムQ10は、新陳代謝を活発にするだけでなく、活性酸素から肌細胞を守ることで肌老化から肌を守ります。
コンドロイチンにも新陳代謝を活発にしたり、肌の弾力を保つコラーゲンの働きを高めたり、肌にハリやツヤを与えるヒアルロン酸の働きをサポートする働きがあります。
つまり、コエンザイムQ10とコンドロイチンを一緒に摂ることで、肌を老化から守るだけでなく美肌へと導くのです。

しかし、コエンザイムQ10もコンドロイチンも年齢とともに減少していきます。
肌の水分量が減少してシワやたるみが出来やすくなったり、シミが増えたりする要因はコエンザイムQ10やコンドロイチンが減少することにもあります。
とくにコエンザイムQ10は20歳をピークに体内生成量が減少していくだけでなく、ストレスや疲労レベルによっても減少していきますので、早い方では30代から肌老化を感じる方もいるでしょう。
肌老化を感じている方だけでなく、30代以降から美肌を目指す方は、コエンザイムQ10とコンドロイチンが配合されたスキンケア用品を使って、内側から強く美しい肌を目指しましょう。

あなたにオススメのコラムRecommend